ブックタイトル001_タイガーボードカタログ

ページ
29/52

このページは 001_タイガーボードカタログ の電子ブックに掲載されている29ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

001_タイガーボードカタログ

亜鉛鉄板屋外側屋内側9.5 12.5606亜鉛鉄板屋外側屋内側9.5 12.528防火・耐火・遮音防火・耐火構造告示および防火構造認定番号屋外側上張面材屋外側下張面材屋内側面材認定取得者 水平断面図(㎜) 備  考下記構造の「国土交通省 告示」仕様と「(一社)石膏ボード工業会」認定工法の詳細に関しては、告示の仕様は建築主事などにご確認の上、工業会認定工法はその認定条件に準じて、各々施工してください。(注)防火構造は外壁、軒裏に限定されました。間仕切壁は準耐火以上の仕様になります。各仕様の詳細は認定書の仕様をご参照ください。防火構造面材略記号12.5TB亜鉛鉄板9.5TB建設省告示1359号建設省(現:国土交通省)12.5TB9.5TBPC030NE-9109亜鉛鉄板会石膏ボード工業会*面材略記号の数値はボードの厚さ(㎜)を示します。*中空部分の吸音材グラスウール(GW)またはロックウール(RW)○○K、○○㎜は密度(㎏/m3)と厚さ(㎜)を示します。*スタッド構造または木製下地構造の壁厚は、上張面材、下張面材、ランナー、スタッド、木製間柱などの公称寸法を用いて計算しております。当社の壁構造は非耐力間仕切壁構造のため、その四周処理法は躯体の変形による力が間仕切壁に伝わらないことを前提として取合部処理、隙間寸法などを決めております。柱、梁などの躯体の変形(床スラブのクリープ含む)は一様ではなく、地震の大きさや建物の構造、またはその他の要因により大きく異なりますので、変形が予想される場合には、その変形に応じた隙間寸法を加味するよう設計的に配慮してください。略記号TBTBZTSHTHHCTGR一般名称せっこうボード強化せっこうボード普通硬質せっこうボード普通硬質せっこうボードガラス繊維不織布入せっこう板吉野石膏(株) 商品名タイガーボードタイガーボード・タイプZタイガースーパーハードタイガーハイパーハードCタイガーグラスロック亜鉛鉄板 ァ 0.15㎜以上《タイガー印せっこう建材による国土交通省認定》防火・準耐火・耐火・遮音構造一覧厚さ12.5㎜せっこうボード(910×1,820㎜)せっこうボードから結晶水を水として取り出すと約3㎏となります。 せっこうボードが火に強いのは、芯材であるせっこうの重量の約21%を占める「結晶水」に秘密があります。 この結晶水は通常では非常に安定していて発散することはありません。しかし、火熱に接すると熱分解を起こし水蒸気として放出されていきます。そして結晶水が全て放出されてしまうまでは、せっこうの温度は一定温度以上に上昇しないのです。 この結晶水の「スプリンクラー」のような働きによってせっこうボードは火に強いのです。せっこうボード豆知識せっこうボードが火に強い理由