ブックタイトル001_タイガーボードカタログ

ページ
36/52

このページは 001_タイガーボードカタログ の電子ブックに掲載されている36ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

001_タイガーボードカタログ

建築基準法と各種構造35建築基準法の防火関連基準の概略指定地域と構造制限構造と耐火性能(耐力壁に限る)構造部分(非耐力壁)間仕切壁外 壁柱床は り屋 根階 段関係指定構造耐力壁非耐力壁延焼のおそれのある部分上記以外の部分耐火構造(法第2条7号)1時間1時間1時間30分30分30分平成12年建設省告示第1399号1時間1時間1時間2時間2時間1時間30分2時間2時間2時間2時間2時間1時間30分3時間2時間3時間1時間 1時間 1時間最上階及び最上階から数えた階数が2以上で4以内の階(令第107条)上階から数えた階数が5以上で14以内の階(令第107条)最上階から数えた階数が15以上(令第107条)A B C防火区画主として大規模建築物で発生した火災を、耐火(準耐火)構造の壁、床および防火戸などの特定防火設備により細分化した区画内に封じ込めるのが目的で、下記の3分類となります。水平方向の火災の拡大を防止(壁)耐火(準耐火)構造では区画面積は最低1,500m2以内1 面積区画吹抜け空間など縦方向に火煙が拡大するのを防止(エレベーター、パイプスペース、階段など)2 堅(タテ)穴区画3 異種用途区画劇場と百貨店など異種の目的で使用される空間の安全を確保するために空間相互を防火区画する。 ※「建設省」は現在「国土交通省」となっております。※詳細については、各特定行政庁に御確認ください。地域 用途 階数 延べ面積100㎡以下 100<S≦500 500<S≦1000 1000<S≦1500 1500<S≦30001、2階3階1、2階1、2階3階1、2階3階1、2階3階3階45分準耐火準防木造建築物45分準耐火耐火構造耐火構造耐火構造木造(防火措置)外壁・軒裏:防火構造、屋根:不燃材料(2階が300㎡以上のものは、45分準耐火構造)木造(防火措置)外壁・軒裏:防火構造、屋根:不燃材料外壁:土塗壁同等以上屋根:不燃材料大規模の木造外壁・軒裏:防火構造屋根:不燃材料外壁・軒裏:防火構造、屋根:不燃材料(2階建で床面積が200㎡を超えるもの。ただし、2階が300㎡未満に限る。2階が300㎡以上のものは、45分準耐火構造)1時間準耐火構造木造3階建共同住宅の技術的基準1時間準耐火構造木造3階建共同住宅の技術的基準45分準耐火防火地域共同住宅戸建住宅共同住宅戸建住宅共同住宅戸建住宅準防火地域22条地域外壁:土塗壁同等以上屋根:不燃材料