ブックタイトル001_タイガーボードカタログ

ページ
38/52

このページは 001_タイガーボードカタログ の電子ブックに掲載されている38ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

001_タイガーボードカタログ

37木造建築物などの技術基準タイガーボード類の対応タイガーボードによる準耐火構造 木造・鉄骨造間仕切、外壁、柱図2 QF060BE-9229外壁(耐力)準耐火1時間図1 QF060BP-9072間仕切壁(耐力)準耐火1時間耐火建築物と準耐火建築物の相関 [建築物の構造区分体系](1)イ準耐の主要構造部は、準耐火構造または準耐火構造および耐火構造とする。 (2)防火構造以上とは、防火構造、準耐火構造、耐火構造を指す。(延焼のおそれ のある部分)(延焼のおそれ のある部分)(延焼のおそれ のある部分)(延焼のおそれ のある部分)令第109条の3第2号の準耐火建築物(ロ準耐2号・不燃構造)令第109条の3第1号の準耐火建築物(ロ準耐1号・外壁耐火構造)20分耐火通常の火災の火の粉で火災を発生させないもの 通常の火災の火の粉で火災を発生させないもの3階以上の床→30分耐火床:準不燃防火戸防火戸防火構造以上防火構造以上耐火構造耐火構造防火構造以上防火戸防火戸防火戸屋  根(30分以上)軒裏準耐火構造間仕切壁(45分以上)床(45分以上)外壁(非耐力壁30分以上)柱・梁(45分以上)階  段(30分以上)(延焼のおそれのある部分)軒裏準耐火構造防火戸外壁(非耐力壁延焼のおそれのある部分45分以上)外壁(耐力壁45分以上)法第2条第9号の3の準耐火建築物(イ準耐)目地処理455 455強化せっこうボード15GB-F(V)強化せっこうボード15GB-F(V)木造3階建共同住宅主要構造部:45分準耐火構造主要構造部:1時間準耐火構造イ準耐火建築物耐火建築物木造 非木造準耐火建築物ロ準耐火建築物主要構造部3時間耐火構造2時間耐火構造1時間耐火構造主要構造部:柱、梁 不燃材料、 準不燃材料第2号外壁:耐火構造屋根:20分(遮炎性)第1号耐火時間1時間以上45分以上図3 QF045BP-9071間仕切壁(耐力)準耐火45分455 455目地処理強化せっこうボード12.5GB-F(V)強化せっこうボード12.5GB-F(V)図4 QF045BE-9227外壁(耐力)準耐火45分2×4工法の場合、柱の断面寸法は140×140を標準とする ( )柱 (135×135以上)くぎ( GN40以上)コーナービード強化せっこうボード12.5 (45分)15 (1時間)GB-F(V)図5 QF045CN-9033,QF060CN-9034柱 準耐火45分,1時間※(注)外装材 ①準耐火60分告示の外装材 ②準耐火60分認定の外装材(指定された外装材に限定) ③防火構造告示の外装材④防火構造認定の外装材(指定された外装材に限定) ⑤準耐火45分告示の外装材胴縁柱間柱外装材※①、②455 455455 455目地処理胴縁柱間柱強化せっこうボード12.5 GB-F(V)455 455455 455   外装材※③~⑤目地処理強化せっこうボード15 GB-F(V)構造の種類 防火性能上の構造区分は以下の4種類があります。耐火構造 1. 非損傷性 構造耐力上支障のある変形、溶融、破壊その他の損傷を生じない。2. 遮熱性 加熱面(火災側)の反対側の面の温度が可燃物延焼温度以上に上昇しない。3. 遮炎性 加熱面(火災側)の反対側の面に火炎を出す原因となる亀裂その他の損傷を生じない。通常の火災が終了するまで建築物の倒壊及び延焼を防止する性能を有する構造で、通常の火災による火熱が所定時間加えられた後も非損傷、遮熱、遮炎を有する、柱・壁・床などの建築物の各部分の構造。準耐火構造 通常の火災による延焼を抑制する性能を有する構造で通常の火災による火熱が所定時間加えられている間、非損傷、遮熱、遮炎を有する、柱・壁・床などの建築物の各部分の構造。防火構造 建築物の周囲で発生する通常の火災による延焼を抑制する性能を有する外壁又は軒裏構造。準防火構造 建築物の周囲で発生する火災による延焼の抑制に一定の効果を発揮する性能を有する、土塗壁もしくは、土塗壁と同等の防火性能を有する外壁構造。