ブックタイトル001_タイガーボードカタログ

ページ
46/52

このページは 001_タイガーボードカタログ の電子ブックに掲載されている46ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

001_タイガーボードカタログ

取付け用金物(くぎ・ねじ)施 工45取付け用金物・せっこうボードを壁・天井の木製下地または鋼製下地に取り付ける場合は、表1の取付け用金物を主に使用する。なお、せっこうボードを重ね張りする場合も同様とする。ここでは、一般的な壁・天井における取付け用金物の施工について説明します。防耐火・遮音などの認定構造を施工する場合は、必ず、認定書通りの施工を行ってください。せっこうボードの取付け木製下地にくぎ打ちする場合は、ボード厚の3倍程度の長さのくぎを用い、頭が十分平らになるように打ち付ける。木製または鋼製下地にねじ留めする場合は、下記のねじ長さを目安とし、ねじ頭はボードの表面より少しへこむように確実に締めこむ。  木製下地:ボード厚より15mm以上長いもの  鋼製下地:ボード厚より10mm以上長いもの重ね張りにおいて、上張りボードを木製または鋼製下地にねじ留めする場合も、②にしたがう。上張りボードを下張りボードに取付ける場合は、接着材を用い、ステープルなどを併用して取り付ける。●図1 せっこうボード用くぎの形状●図2 ドリリングタッピンねじの形状(せっこうボード向け)(1)平頭の例(2)胴部の形状a.スムース b.スクリューc.リングL頭部首部 胴部 先端部●表1 取付け用金物下地木製鋼製せっこうボード取付け用金物せっこうボード用くぎステンレスくぎ十字穴付き木ねじドリリングタッピンねじドリリングタッピンねじステープル●表2 くぎ長さの目安せっこうボードの厚さ9.512.515.0くぎ長さ32以上40以上50以上L: 長さ  (頭部下面から  先端までの長さ)(1)鋼製下地用(通称:軽天ビスなど)(2)木製下地用(通称:コーススレッドなど)LL頭部 ねじ山 ねじ先頭部 ねじ山 ねじ先※取付け用金物の名称は、JIS上の名称を引用した。 せっこうボード用くぎ、ステンレスくぎ:JIS A 5508 十字穴付き木ねじ    ドリリングタッピンねじ ステープル     ※使用環境によって取付け用金物の腐食が予想される場合は、亜鉛めっきまたは亜鉛めっきにクロメート処理を施したもののほか、ステンレス鋼・黄銅製、もしくは塗装を施したものを使用する。単位: mmL: 長さ:JIS B 1112:JIS B 1125:JIS A 5556