ブックタイトル001_タイガーボードカタログ

ページ
49/52

このページは 001_タイガーボードカタログ の電子ブックに掲載されている49ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

001_タイガーボードカタログ

48施 工乾式壁目地処理工法乾式壁目地処理工法せっこうボードの壁・天井を精度良く施工する工法としてパテ・関連資材を用いた乾式壁目地処理工法をご紹介します。目地処理の目的は、  目地を補強し、クラックを抑制  耐火・防火性、遮音性、断熱性能を保持  目違いや隙間をなくし、平滑な面を形成以上の三つの重要な要素があり、乾式壁目地処理工法は、この要素をすべて満足させることができる工法です。※詳細は、タイガードライウォール工法標準施工指導書を参照ください。タイガージョイントセメント(PP缶20kg入)※粉末タイプ(10kg入)もあります。タイガー Gファイバーテープ〈4製品〉(厚さ0.2mm)①幅35mm×長さ 90m(16巻/ケース)②幅50mm×長さ153m(12巻/ケース)③幅50mm×長さ 90m(12巻/ケース)④幅150mm×長さ23m(15巻/ケース)タイガー GファイバーテープN〈3製品〉(厚さ0.2mm)幅35mm×長さ 90m(24巻/ケース)幅50mm×長さ 90m(24巻/ケース)幅50mm×長さ153m(12巻/ケース)※3製品取り揃えております。タイガーコーナービード(厚さ0.4mm/長さ2,438m)タイガージョイントテープ(幅52mm/厚さ0.2mm/長さ76m/巻)詳細ガイド <カタログ>パテ製品総合カタログ主な材料タイガーUライト タイガーFライトパ テ(ジョイントコンパウンド)〈手順〉① 下塗り② テープの貼り付け③ テープのしごき④ 中塗り⑤ 上塗り⑥ サンディング1 ジョイントボードの目地処理方法〈手順〉① 下塗り② テープの貼り付け③ テープのしごき④ 中塗り⑤ 上塗り/サンディング3 コーナー施工〈手順〉① テープの貼り付け② 下塗り③ 上塗り④ サンディング2 ベベルボードの目地処理方法〈軽量タイプ〉