ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

007_防水ボード

■施工手順施 工■全吸水率(タイガー防水ボード)厚さmm単位面積当たりの質量kg/㎡比重含水率%吸水時耐はく離性難燃性又は発熱性熱抵抗㎡・K/W 0.040以上0.052以上6.2~9.0 8.1~11.70.65~0.903以下芯のせっこうと原紙が剥離しないこと。10以下(2時間浸漬)2以下(3時間接水)難燃2級又は発熱性2級以上9.5 12.5■性能値(GB-SのJIS規格〔JIS A 6901:2014〕)※1 曲げ破壊荷重は、長さ方向に載荷した場合の値とする。曲げ破壊荷重N(kgf)※1乾燥時湿潤時全吸水率%表面吸水量g吸水性サンプル方向長手幅含湿率(%)0.540.52伸縮性(%)+0.004+0.002伸縮性(%)+0.010+0.023気乾状態① 浸漬(2時間)含湿率(%)0.700.62伸縮性(%)+0.010+0.015湿度90% 23℃(24時間)②■含湿率による伸縮性●試験方法4×10cm試験体を45℃で恒量まで乾燥し、この寸法重量を基準とした。①20℃RH60%雰囲気中に1週間放置したもの②湿度90%、23℃デシケーター中に24時間放置6050403020100   30   60  90  120  150  180  240タイガーボード(9.5mm)タイガーボード(12.5mm)タイガー防水ボード(9.5mm)タイガー防水ボード(12.5mm)水中浸漬時間(分)全吸水率(%)18.324.928.631.136.138.74.16.07.28.09.09.620.827.031.133.737.941.33.75.05.96.67.78.33060901201802409.5タイガーボード12.5タイガー防水ボード9.5タイガー防水ボード12.5タイガーボードボード種類水中浸漬時間(分)①〔グラフ〕②〔データ〕(%)(参考値:普通せっこうボード)性 能1 下地 1)木造下地および鋼製下地は、基本的には普通せっこうボード張りと同じです。ポイントは目違いが生じないように入念に、また堅固に組むことです。 2)地盤面から1m 位の高さまでに、木造の場合は防腐剤を、鋼製下地の場合は防錆 ( さび) 剤を塗布します。2 ボード張り 1)突付け張りとしますが、目違い、釘(ビス)頭の点検(やや凹み気味)を充分に行います。 2)ボードは床面に密着させないで、必ず6~8mm 位浮かせて張ります。 3)さらにボード下部にPP(ポリプロピレン)テープを張るか、もしくは防水シーリング処理をします。3 継目処理 1)ボードの縦、横目地および入隅には、補強と不陸なおしのためにドライウォール工法 (継目処理)を行います。 2)タイル張り面では、ドライウォール工法の上塗工程を省略し、サンディングはヘラがけによるムラの凸部をならす程度に軽くかけます。 3)壁と天井、または床との納り部、配管部、水切部には入念にシーリング材を充てんします。シーリング材を充てんする箇所は乾燥させ、チリ、油などを取り除いておきます。■以下、タイル接着工法の場合4 割付け、墨出し タイルの割付にあわせ、墨出しをします。5 タイルの選定 タイルは一般内装用陶磁器質のものを使用します。6 接着剤の選定、塗布 1)接着剤は各タイルメーカーの推奨するものを使用します。 2)接着剤の塗布はタイルの接着と同時に、ボード表面に皮膜を作り、さらに安全な防水効果を発揮しますので、ムラ、ピンホールなどのないように注意してください。その他については、各タイルメーカーの推奨する施工方法に従ってください。7 タイルの張り付け、目地詰め タイルの張り付け、及び目地詰めは、各タイルメーカーの推奨する施工方法に従ってください。■その他の表面仕上げ 1)ペイント仕上げ   タイガー防水ボードの表面の撥水性は、ペイント下地適性としては普通   せっこうボードと同等なので、たとえば水性エマルジョンタイプのペイントでも支障ありません。 2)クロス仕上げ   普通せっこうボードと同じ施工です。〈施工上の留意点〉1. 洗面台、洗面ボウル、照明器具、鏡などの付属品の取付が予定されている  箇所には、あらかじめ取付け用下地( 力板) を施工しておきます。2. タイル張り作業時や養生時の気温は、一般に5~35℃の範囲とされてい  ますので、この条件以外の場合は作業を中止にするか、接着剤メーカーに  ご相談ください。3. GL 工法でタイガー防水ボードを張った場合は、GL 施工後に乾燥してい  ることを確認してから、タイル張り施工を行ってください。4. 給排水の配管箇所は、やや大きめの穴をあけ、タイガー防水ボードに直接  パイプが接触しないように施工します。■キッチン・洗面所・トイレなどの内装仕上げ材の下地キッチン、洗面所、トイレなどの一時的な湿気や水掛かりのある部屋でのクロス張りやタイル下地として、防水性の優れたタイガー防水ボードが安心して使用できます。360(36.7)以上500(51.0)以上220(22.4)以上300(30.6)以上