ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

145_デラクリート

より、ースにも最適です。施工● デラクリートセメントボードに直張りでタイルを施工する場合は、 必ず『有機系タイル接着剤』をご使用ください。■セメントボード面写真●この工法は浴室など、内装の水回りでの耐水性 タイル下地に適用した内容です。タイルの施工 に関しては、タイルメーカーの仕様に従ってく ださい。●デラクリートセメントボードの厚みのバラツキ により、ジョイント部に不陸や若干の段差を生 じることがあります。下地に高い平滑性が求め られる場所は、ベースコートで全面下地処理す る従来仕様をお勧めします。●デラクリートセメントボードシステムには防水 性能はありません。防水工事は必ず行ってくだ さい。防水シート張りの施工不備は直接漏水に つながりますので、確実に施工してください。施工フローチャート【おもて面】【うら面】※ デラクリートセメントボードは、商品名が印字されている面が“おもて面”となります。施工の際は、おもて面を内側にしてボードを張り、 平滑な“うら面”にタイルを張ってください。ジョイント部の処理デラクリートセメントボードのジョイント部(縦横方向とも)の隙間に、コテ圧をかけてベースコートを押し込みながら十分に充填してください。このとき、コテ先をジョイント部に差し込み、ボードの切り口にこすり付けるように充填してください。躯体工事デラクリート張り工事防水シート工事デラクリートセメントボード張り付けシーリング工事左官工事ジョイント部の処理   養生下地調整(スタンダードメッシュ含む)仕上げ工事タイル張り養生最終検査(目視)デラクリートセメントボード張り付けシーリング工事ジョイント部の処理   養生Point!※“おもて面”を内側にする。※ガラス繊維テープ併用Point!●タイルを張りつける面は“うら面”(商品名が印字されていない平 滑面)となりますので、ご注意ください。■注意事項詳細は本カタログの裏表紙に表記した、弊社ホームページまたは『セラミック営業部』までお問い合わせください。Point!コテ先で押しつけながら充填隙間3mm施工の詳細は『デラクリートセメントボード施工マニュアル?内装下地編?』をご参照ください。14新提案仕様〈デラクリートへのタイル直張り仕様〉下地調整・ベースコート塗りの一工程を簡略化した工期短縮を実現する工法ベースコートで全面下地処理をして仕上げをする場合(タイル張りまたは塗り仕上げ)セメントボードに直仕上げをする場合(タイル張り仕上げ)