ブックタイトル134_ジプトーン・マーブルトーン・ステラート(ライト)

ページ
4/4

このページは 134_ジプトーン・マーブルトーン・ステラート(ライト) の電子ブックに掲載されている4ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

134_ジプトーン・マーブルトーン・ステラート(ライト)

現在、当社製品にはアスベストは一切使用しておりません。当社のせっこうボード類は、ホルムアルデヒド発散建材を定める告示による規制対象外となっております。使用面積の制限はありません。当社製品は、クロルピリホスを一切使用しておりません。せっこうボード類は、施工当初、施工後にかかわらず、湿度が高くなった場合にはカビが発生する恐れがあります。換気または除湿を十分に行い、湿度を低く保つように努めてください。漏水・雨漏り等が発生し、せっこうボード類が水に濡れて吸水した場合、ボードの剥落や落下の恐れがありますので張替えを必ず行ってください。常に湿気が著しい、結露が絶えない、漏水が発生する恐れがあるなどの過酷な条件の部屋(地下室、浴室、屋内プール、サウナ室など)の天井、壁への設計採用および施工は、吸水による強度低下が発生し、ボードの剥落や落下の恐れがありますので避けてください。■アスベストについて ・・・・・・・・■ホルムアルデヒドについて■クロルピリホスについて・・・・・・・・■カビの発生について ・・・・・・・■施工後の水濡れについて ・・・■設計採用および施工を 避ける部位について・・・・・・●ジプトーン・ライト、マーブルトーン・ライト、ステラート・ライトは吸音性能はありません。化粧せっこうボードで吸音性能を要求される場合は「タイガースクエアトーンD 」をご利用ください。(別途「タイガースクエアトーンD・スクエアート」カタログをご参照ください。)●長時間にわたっての立てかけ置きは厳禁です。ボードに曲げぐせがつくと、適正な施工ができなくなります。●梱包のビニール結束バンドを持つだけのぶら下げ運搬は避けてください。バンド切れ、ずり落ちによる事故や、ボード端部、化粧面の擦過損傷の原因となります。●施工開始(開梱)時には、念のため化粧面の色調ムラ、汚れ、端部の傷みなどの異常がないかどうか確認してください。●天井板の模様には、方向性がありますので、必ず裏面に表示した矢印の方向に統一して張り上げてください。●張り上げ作業時には、汚れた手で直接化粧面に触れないでください。●化粧板ですので、表面にドライバーやハンマー等によるよごれや凹み、キズなどが生じないように施工してください。●照明器具、冷暖房機器、換気扇、棚板などは、天井板に荷重が掛からないように施工してください。「タイガースクエアトーン・D」はジプトーン・ライト及びステラート・ライトと同じ色調・明度(マンセル値N9.5~10)で面取り加工を施していますので、これらを互いに突き付け張りし用いることも可能です。(上写真はタイガースクエアトーン・Dとジプトーンによる天井施工例)●ボードの原紙には若干の色違いがある場合がございます。※●化粧せっこうボードは、同一ロットでも色調の違い、柄パターンの差異が発生する場合があります。※●記載の柄パターンはカタログ用印刷方式のため、実物とは差違があることをご了承ください。※●タイガーボード類は、雨、水漏れ、湿気厳禁の材料です。水や湿気に直接触れる部位への施工は避けてください。●指定の用途以外にご使用の場合は保証いたしかねます。●ボードを施工する際の切断、サンディングなどの作業で発生する粉塵に対しては、防塵マスクや安全メガネの着用をおすすめします。●ボードの置き方、保管は、乾燥した平らな場所に敷板などを利用してきちんと平置きしてください。●在庫の際、積層段数が多いと荷くずれの危険があります。●タイガーボード類の廃材は、環境公害とならないよう処理してください。●天井裏の空間温度と室内側の温度に大きな差が生じる際(ジェットヒーターなどの暖房器具による)、下地部の「あり」と「なし」の部分で天井表面に温度差が生じることで、汚れが付着し仕上げ面に色違いが生じることがあります。断熱材の併用施工など均一な断熱性に留意する必要があります。●照明方法によって目違いが気になることがあります。設計にあたっては、特に照明方法に留意してください。埋込み照明(よい)傘つき照明(よい)じかづけ照明(好ましくない)設計上の注意点その他の注意点施工上の注意点※せっこうボード製品の基本的な性能には影響しませんので、製品不良(クレーム)には該当しないものと考えております。<T-42>17.7.B.25.TK