ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

038_SLプラスター

● 住宅・都市整備公団(現 都市機構)適合資材、JASS 15M -103(セルフレベリングの品質規準)適合品●住宅金融支援機構 せっこう系SL材適合品●公共建築工事標準仕様書セルフレベリング材適合品●改正建築基準法60分準耐火・45分準耐火適合品特徴品質管理のゆきとどいた工場でプレミックスされ、平滑な床下地をすばやく完成できるせっこう系の床下地材です。用途施工手順一般床下地不陸修正補修・改修SLプラスターSK各種ビル、学校、病院、集合住宅などあらゆる建築の床仕上げに、高精度の平滑面をもった床下地が得られます。薄塗りも、厚塗りも自由。不陸修正にも使用できます。補修工事にSLプラスターの特性がフルに発揮します。●ビニルタイルなどを剥した後の下地なおし。●古くなったコンクリート下地に新しい床下地を造るとき。1. コンクリート床の不陸調整2. モノリシック工法床の雨打たれ補修3. 粗面下地の平滑化4. 木造共同住宅の界床材5. 床改修時の不陸修正下地の調整1. 下地清掃下地をよく清掃し、ゴミ、砂などを取り除きます。2. 防錆処理SLプラスターと接する金属部(鉄、アルミ)は養生テープなどで防錆処理してください。3. 流し厚の決定コンクリートの不陸を測定し、流し厚を決めます。ただし平均流し厚2?5mmの場合には、SLプラスターSKをご使用ください。4. SLプラスターはわずかの隙間や穴から流れだしますので、前もってCトップまたはGLボンドで完全にシールします。5. レベル標示仕上面を標示するため、壁ぎわに墨出しをします。またピンやコンクリート用釘などで適当な位置に仕上面を標示し、レベルの目安とします。性状薄流しの場合はSLプラスターSKをご使用ください。高強度のせっこう[α型]を主材とし、2mm厚の薄流しから、50mm厚まで対応できます。仕上材の接着剤の選定につきましては、接着剤の種類、SLプラスターの乾燥状態などによって接着強度が低下する場合がありますので、試験貼りを行って確認してください。項 目性 状JASS15M-103規格泥漿比重1.9 ?硬化体比重1.6 ?凝結時間開始2?4時間45分以上終結5?7時間20時間以内下地接着強度0.7N/mm2以上0.5N/mm2以上表面接着強度0.5N/mm2以上0.4N/mm2以上圧縮強度20N/mm2以上15N/mm2以上長さ変化0.05%以下0.05%以下耐衝撃性異常なし割れ、剥がれの無いこと1. セルフレベリング性--------------------------------------------セルフレベリング性(自己水平性)に富んでいますから、床に流し込み、トンボで丁寧にならすことで、精度の高い、平滑な床面が得られます。2. 収縮亀裂がない----------------------------------------------------せっこう系であるため、収縮クラックの心配がなく、下地とのすぐれた付着性を示します。このため雨打たれの補修・改修工事などにも最適です。3. 薄塗り仕上げ--------------------------------------------------------下地付着力、耐衝撃性にすぐれていますので、下地の不陸精度によって任意の厚み(5mm以上)に仕上げられます。4. 施工管理----------------------------------------------------------------施工能率にすぐれ、所定の時間で硬化しますので計画的な建築工程の達成と、施工管理の容易さが得られます。施工した翌朝には軽作業が可能です。流し込み作業2.下地の確認1. 躯体が乾燥していることを確認します。2. 下地の条件によって処理方法を選択します。(当社「工事仕様書」を参照願います)3. コンクリート養生剤の種類によっては接着力が確保できない場合がありますので、事前にご相談ください。1.