ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

038_SLプラスター

プライマーの処理流し込み作業養 生1. スラリーを施工個所の隅から順に、均一に流し込みトンボを掛けレベルを合わせます。2. 下地不陸0mm接点部は金ゴテでスラリーをよくしごいて下地となじませて仕上げます。※ 打ち継ぎはできるだけ早めに。(20分以内)目地棒のセット面積が広い場合(1,000m2以上)、あるいは施工面が複雑な形状の場合は、目地棒でセキを作ります。セキは、流し込んだSLプラスターが硬化する前に取りはずします。混練および使用器具【配合】【使用量と流し厚】【混練】ミキサーは高速回転のグラウトミキサーなどが適当です。1. 小面積の場合:ポリバケツと電動式ハンドミキサーで可能です。2. 大面積の場合:高速回転ミキサー2台とモルタルポンプ1台を組み合わせます。3. 首都圏の場合は、ローリー車による混練など自動方式のオーダーが可能です。(仕様:スラリー供給能力3?4m3/h)【施工機械】SLプラスター1袋(25kg 入り)(注)1)水量は正確に計量します2)SLプラスターの練り加減の管理には、JASS 15M-103のフロー測定法を用いると便利です使用量(mm) kg/m2101520流し厚m2/1袋(25kg入)15?16 約1.622?23 約1.129?30 約0.81. ミキサーに所定の水を入れ、攪拌しながらSLプラスターを投入します。2. ダマやママコがなくなるまで十分に混練します(。混練時間3分以上)3. 混練したスラリーは、フロー値を測定して混練水量を増減しフロー値を規定の範囲に合わせます。[フロー値]フロー値19 - 21cm改修工事の場合の下地処理●床改修工事に当っては、既存の仕上げ材・接着剤を除去し、コンクリート面を下地とすることを原則としますが、接着が強固で除去が困難な特殊な下地には、下地に応じた処理剤を選定して施工します。(特殊下地の処理方法は当社「技術資料」をご参照ください。)下地の状況下地の種類処理方法仕上げ材・接着剤の除去が可能な場合コンクリートモルタルスーパータックAまたはスーパータックRを塗布仕上げ材の除去が困難な場合磁器タイルテラゾーウレタン塗り床PタイルカラークリートスーパーアドブレンドG配合ポリマーセメントを使用接着剤の除去が困難な場合合成ゴム系・酢ビ系・アクリル系接着剤(白のり)塗布下地アスファルト系接着剤(黒のり)塗布下地スーパータックAまたはスーパータックRを塗布スーパーアドブレンドG配合ポリマーセメントを使用〈荷姿〉クラフト紙袋 25kg入り8.75?標準水量備 考・季節(水温)によって、多少変わりますので、ならし難い場合などには水量を加減します・水を多く加えますと表面強度低下や乾燥不良の原因になります3. 6.7.4.5.1. 流し込み後、2?4時間で硬化しますので、翌朝には軽歩行が可能です。2. 翌日以降はできるだけ早く乾燥するように通風に心がけてください。3. 床仕上工事は、流し厚や通風、気象状況などの条件によって異なりますが、10mm厚で1週間、15mm厚で10日間は放置し、SLプラスターが充分乾燥し、仕上げ後支障のないことを確認してから施工してください。(上記乾燥期間には下地躯体の乾燥は含まれていません)※ SL床の表面に100×100cmのポリシートをシールし、24?48時間経過させ、ポリシート裏面に結露やSL床表面の変色がなければ乾燥したと判断されます。本ページでの説明の他に、施工・性能・安全作業・製品保管などに関する詳細な注意事項がありますので、必ず次ページを確認し、厳守してください。プライマーの処理は、気泡発生の防止、接着力の増強、吸水調整などを目的に行ないますので、確実に行なってください。●コンクリート下地1. プライマー(スーパータックAまたはスーパータックR)を刷毛、デッキブラシなどで塗布します。※ 雨打たれコンクリートなどの場合、塗布回数を増やすなど、注意が必要です。2. 下地処理は、原則としてSLプラスター流し込み工事前日に行い、プライマーを乾燥させます。3. 翌日、凹みに残ったプライマー液はブラシなどで散らします。●合板下地1. 構造用合板(OSB含む)の下地処理には、ポリマーセメントを塗布します。その配合は、ポルトランドセメント(12.5kg):5号珪砂( 10kg):スーパーアドブレンドG(アクリル系ラテックス6kg):水(2kg)です。良く混練して作製してください。2. ポリマーセメントの塗布厚は1mmを標準とします。(1m2当たり2kg以上使用)3. ポリマーセメントは塗布1?2時間後に硬化します。硬化したことを確認し、SLプラスターを施工します。4. スーパーアドブレンドG は18kg入り1缶で、ポリマーセメントが約90kg作れますので、ポリマーセメントの塗布厚1mmの場合、約45m2施工できます。(配合は上記1.の場合)希釈倍率処理面積スーパータックA4倍(1:3)塗布回数※ 塗布量2回1回目:280?330g/m22回目:150?200g/m2約150m2(18kg缶)スーパータックR3倍(1:2) 1回300?350g/m2 約160m2(18kg缶)