ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

038_SLプラスター

軸組工法重量衝撃音遮断性能LH-57軽量衝撃音遮断性能LL-49重量衝撃音遮断性能LH-57軽量衝撃音遮断性能LL-61枠組壁工法(試験機関:(一財)建材試験センター)※床遮音性能は試験室での数値で、実際の建物の性能とは異なる。試験室での床遮音性能は、床と天井部分を合わせた構造での性能を示す。準耐火の種類床下地※SL材の流し厚1時間(1358号、253号) 12mm以上の合板12mm以上45分(1358号) 12mm以上の合板9mm以上準耐火構造とせっこう系SL材施工、性能について● 指定の用途以外にご使用の場合は、保障いたしかねます。● SLプラスターの流し込み作業時は、雨漏れがしないこと、外壁及び窓ガラスが取り付けられていることを確認してください。通風状態になっていると表面が粉っぽい、シワが発生するなどの不具合の発生することがあります。● 常に水のかかる所や、湿気の多い所、結露しやすい所の施工は避けてください。● 気温3℃以下での施工は避けてください。● 低温でも条件によっては、スラリーの硬化が終了するまで、室内を加温しての施工は可能です。● 寒冷期は、躯体やSLプラスターの乾燥が遅いので、換気には十分に心がけてください。外気温度や建物の構造によっては強制通風や加温が必要です。● 他の材料は絶対に混ぜないでください。● 残材、排水などは、環境公害とならないように処理してください。● 硬化するまで通風をさけてください。● 木造の床に施工する場合は、施工当日の大工仕事はさけてください。● SLプラスターは錆(サビ)を防止する働きはありませんので、SLプラスターと接続する金属部(鉄、アルミ)は養生テープ(ビニルテープなど)、防錆プライマー、エポキシパテなどで防錆処理をしてください。● パーケット仕上げの場合は、わずかな水分でも、吸収膨張による剥離事故のおそれが予測されますので、特にSLプラスターが完全に乾燥したことを確認してから施工してください。● 下地の床などの建物の変形に起因するクラック発生等については責任を負いかねます。● 木造住宅で、SLプラスター施工の翌日にせっこうボードなどの重量物を搬入する場合は、局部集中荷重による床のタワミからSLプラスターが剥離したり、SLプラスターの上などに物を置いてSLプラスターの乾燥が遅れることを避けるように下敷を配置してください。安全作業、製品保管について● 使用時に粉塵が目、鼻、喉や皮膚を刺激することがあります。安全のため、作業時は防塵マスクや安全メガネ、手袋などをご使用ください。● 目や鼻、喉に入った時には、すぐにきれいな水で充分に洗浄してください。また、手に付いた時も出来るだけ早めに洗ってください。● 製品の変質を防ぐため、高温多湿の場所や、床、壁面に直に接するような保管は避けてください。● 製造日より180日以内に使用してください。●建築基準法の改正により従来の簡易耐火建築と同等の耐火性を有する木造建築として「準耐火建築物」が創設され、告示および下記の仕様書の中でせっこう系SL材の使用基準が設定されています。〔仕様の詳細は最新の法令集、(独)住宅金融支援機構等の仕様書をご確認ください〕住宅金融支援機構注)※床下地材の合板は構造用合板●アスベストについて:現在、当社製品にはアスベストは一切使用しておりません。●ホルムアルデヒドについて:当社のせっこうボード・せっこうプラスター・SLプラスター・パテ及びボンド類は、ホルムアルデヒド発散建材を定める告示による規制対象外となっており、使用面積の制限はありません。●クロルピリホスについて:当社製品は、クロルピリホスを一切使用しておりません。●カビの発生について:せっこうボード類は施工当初、施工後にかかわらず、湿度が高くなった場合にはカビが発生する恐れがありますので、換気または除湿を十分に行い湿度を低く保つように努めてください。防火仕様※床下地SL材の流し厚1時間準耐火構造12mm以上の合板 等15mm以上の合板 等12mm以上35mm以上45分準耐火構造12mm以上の合板 等15mm以上の合板 等9mm以上12mm以上35mm以上省令準耐火構造12mm以上の合板 等15mm以上の合板 等15mm以上の合板 等床の種類一般の床界床共同住宅の床の遮音構造(賃貸住宅)共同住宅の床の遮音構造(賃貸住宅)一般の床界床界床共同住宅の床の遮音構造(賃貸住宅)軸組枠組軸組枠組12mm以上20mm以上35mm以上国土交通省告示注)※S L材はせっこう系S L材木造アパートの界床とせっこう系SL材●木造アパートの2階の床にせっこう系SL材を35mm施工することにより、(独)住宅金融支援機構が定める共同住宅の床の遮音構造(賃貸住宅)とすることができます。施工・性能・安全作業・製品保管などに関する詳細な注意事項〈P- 6〉16.8.e.20.KM