ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

109_SLプラスターSK

■SLプラスターSK用下地調整材荷 姿18㎏缶入り18㎏缶入り3㎏ポリ容器入り18㎏缶入り品 名スーパータックA スーパータックR スーパーアドブレンドG材 質アクリル系エマルションアクリル系共重合ラテックスアクリル系ラテックス用 途コンクリート下地の気泡発生防止及び接着力の増強コンクリート下地の気泡発生防止及び接着力の増強リフォーム床下地用ポリマーセメント混和剤●アスベストについて: 現在、当社製品にはアスベストは一切使用しておりません。●ホルムアルデヒドについて: 当 社のせっこうボード・せっこうプラスター・SLプラスター・パテ及びボンド類は、ホルムアルデヒド発散建材を定める告示による規制対象外となっており、使用面積の制限はありません。●クロルピリホスについて: 当社製品は、クロルピリホスを一切使用しておりません。●カビの発生について: せっこうボード類は、施工当初、施工後にかかわらず、湿度が高くなった場合にはカビが発生する恐れがありますので、換気または除湿を十分に行い、湿度を低く保つように努めてください。施工、性能について● SLプラスターSKの流し込み作業時は、雨漏れがしないこと、外壁及び窓ガラスが取り付けられていることを確認してください。通風状態になっていると表面が粉っぽい、シワが発生するなどの不具合の発生することがあります。● 常に水のかかる所や、湿気の多い所、結露しやすい所の施工は避けてください。● 凍結による性能低下の恐れがありますので、気温3℃以下での施工は避けてください。● 低温でも条件によっては、スラリーの硬化が終了するまで室内を加温しての施工は可能です。● 寒冷期は、躯体やSLプラスターSKの乾燥が遅いので、換気には十分に心がけてください。外気温度や建物の構造によっては強制通風や加温が必要です。● SLプラスターSKは錆(サビ)を防止する働きはありませんので、SLプラスターSKと接する金属部(鉄、アルミ)は養生テープ(ビニルテープなど)、防錆プライマー、エポキシパテなどで防錆処理をしてください。● パーケット仕上げの場合は、わずかな水分でも、吸収膨張による剥離事故の恐れが予測されますので、特にSLプラスターSKが完全に乾燥したことを確認してから施工してください。● 他の材料は絶対に混ぜないでください。施工・性能・安全作業・製品保管などに関する詳細な注意事項作業、保管について● 使用時に粉塵が目、鼻、喉や皮膚を刺激することがあります。安全のため、作業時は防塵マスクや安全メガネ、手袋などをご使用ください。● 目、鼻、喉に入った時には、きれいな水で充分に洗浄してください。また、手に付いた時も水で洗ってください。● 製品の変質を防ぐため、高温多湿の場所や、床、壁面に直に接するような保管は避けてください。● 在庫の際、積層段数が多過ぎると荷崩れの危険があります。● 製造日より180日以内に使用してください。● 食べ物ではありません。子供の手の届かない所に置いてください。その他● 指定の用途以外にご使用の場合は、保証いたしかねます。● 残留物の洗浄排水については、環境公害とならないように処理してください。性状改修工事要領● 床改修工事に当たっては、既存の仕上材・接着剤を除去し、コンクリート面を下地とすることを原則としますが、接着が強固で除去が困難な特殊な下地には、下地に応じた処理剤を選定して施工します。ただし、既存の仕上材・接着剤の劣化によって、下地と剥離する場合がありますので、ご注意願います。項 目性 状JASS 15M-103規格泥漿比重1.9 ?硬化体比重1.7 ?凝結時間開始2?4時間終結3?6時間45分以上20時間以内圧縮強度35N/㎜2以上15N/㎜2以上長さ変化0.045%以下0.05%以下耐衝撃性異常なし割れ、剥がれのないこと下地接着強度0.8N/㎜2以上0.5N/㎜2以上表面接着強度0.6N/㎜2以上0.4N/㎜2以上フロー値250±10㎜ 190㎜以上仕上材の接着剤の選定につきましては、接着剤の種類、SLプラスターSKの乾燥状態などによって接着強度が低下する場合がありますので、試験貼りを行って確認してください。下地の状況下地の種類処理方法仕上材・接着剤の除去が可能な場合コンクリートモルタルスーパータックAまたはスーパータックRを塗布接着剤の除去が困難な場合合成ゴム系・酢ビ系・アクリル系接着剤(白のり)塗布下地スーパータックAまたはスーパータックRを塗布アスファルト系接着剤(黒のり)塗布下地スーパーアドブレンドG配合ポリマーセメントを使用仕上材の除去が困難な場合磁器タイルテラゾーウレタン塗り床Pタイルカラークリートワックス処理している場合はワックス剥離剤で除去する。スーパーアドブレンドG配合ポリマーセメントを使用〈P-22〉16.5.e.14.KM