ブックタイトル033_パテ製品総合カタログ

ページ
18/20

このページは 033_パテ製品総合カタログ の電子ブックに掲載されている18ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

033_パテ製品総合カタログ

下塗りパテコーナー補強材中塗りパテ上塗りパテコーナー補強材中塗りパテ下塗りパテ上塗りパテ釘頭・ビスなどは、ボードの表面より凹むように(表面紙を破らない程度)打込みます。釘頭をパテ処理(下塗りおよび上塗り)します。下塗り部 位釘頭の処理タイガージョイントセメントを片側約50mmの幅で充分に塗りつけます。(パテの量が充分でないと「テープのしごき」が上手くいきません)タイガーコーナービードを使用する場合は専用の取り付け用工具「タイガークリンチャー」で取り付けます。(下地のある場合は釘またはビスで固定します)取り付け後は「中塗り」からと同様の処理を行います。テープの貼り付けテープは隅に合わせて貼り付けます。(タイガージョイントテープの場合は2つ折にして使用します)テープのしごき直ちにヘラでテープを完全に密着させるように押さえます。(しごきが充分でないと空気が入り込み、浮きや剥がれの原因となります)はみ出した余分なパテは取り除きます。中塗り下塗りパテが乾燥したあと必要に応じサンディングし、片側100~150mmの幅でタイガージョイントセメントで中塗りをします。上塗り/サンディング中塗りパテが乾燥したあと必要に応じサンディングし、片側200~300mmの幅でタイガージョイントセメントで上塗りをします。上塗りパテが乾燥したあとサンディング仕上げをして、平滑にします。表面に付着した粉はよく拭き取ってください。※パテは「タイガージョイントセメント」を使用してください。コーナー補強材処理方法入隅出隅タイガーコーナーテープ(インコーナー)タイガーフレックスコーナーテープタイガージョイントテープタイガーコーナーテープ(アウトコーナー、アールコーナー)タイガーフレックスコーナーテープタイガーコーナービード●コーナー施工17