ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

021_耐火遮音システム

2遮音性能「TLD」値について ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////●当カタログの「遮音システム」に示される遮音性能は、音響試験室で測定した壁構造単体の遮音性能「TLD値」であり、実際の建築物の2室間の遮音性能「D値」を保証するものではありません。●「TLD値」は音響試験室によって音響特性が異なります。異なった音響試験室で同じ壁を測定しても、その値は1~2dB程度異なる可能性があります。壁構造について /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////●当カタログ掲載の壁構造は非耐力間仕切壁構造のため、その四周処理法は躯体の変形による力が間仕切壁に伝わらないことを前提として取合部処理、すき間寸法などを決めております。柱、梁などの躯体の変形(床スラブのクリープ含む)は一様ではなく、地震の大きさや建物の構造、またはその他の要因により大きく異なりますので、変形が予想される場合には、別途、納まりをご検討ください。四周処理について ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////●耐火性能、遮音性能を確保するために、壁四周のすき間は、当社が定めた四周処理法で施工してください。目地あらわしについて //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////●目地部について「あらわし可」と表記されている壁構造では、当カタログに提示している耐火性能、遮音性能を確保するために、目地部をすき間なく施工することが必要不可欠です。●目地部について「あらわし可」と表記されている場合は、ベベルエッジボードの突付け工法を標準としますが、スクエアやテーパーのエッジ形状のボードを用いた突付け工法も耐火認定、遮音認定上可能です。振れ止めについて ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////●耐火認定上、振れ止めが必須な壁構造のみ「標準的な仕様」の項目に振れ止めの記載をしています。記載のないものでも、壁強度や施工性を考慮する場合には、振れ止めを取り付けてください。特にスタッドを共通配置とした壁構造は、振れ止めを取り付けることで、高い壁高への対応が可能となります。吸音材について /////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////●グラスウールやロックウールはJIS材をお使いください。●吸音材がグラスウールのものは、ロックウールもお使いいただけます。詳細は各壁構造の標準施工指導書をご参照ください。鋼製下地について ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////● 各壁構造のランナーやスタッドなどの寸法は、耐火および遮音性能を確保するための標準的な仕様です。壁高さなどに応じて表記以外の壁厚やその他の寸法のスタッド・ランナーも使用可能ですので、詳しくは、各壁構造の推奨壁高さ、または、技術編の52ページをご参照ください。●乾式戸境壁の公的に求められている性能基準を確保するためには、鋼製下地は厚さ0.8㎜のJIS材を使用する必要があります。また、前述以外の場合でも、性能を確保するためにはJIS材を推奨します。その他の点 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////●せっこうボード製品の厚さ、幅、長さなどはJIS規格範囲内で製造しております。●せっこうボードの原紙には若干の色違いがある場合がございます。基本的な性能には影響しませんので製品不良(クレーム)には該当しないものと考えております。●アスベストについて現在、当社製品にはアスベストは一切使用しておりません。● ホルムアルデヒドについて当社のせっこうボード・パテ及びボンド類は、ホルムアルデヒド発散建材を定める告示による規制対象外となっており、使用面積の制限はありません。●クロルピリホスについて当社製品は、クロルピリホスを一切使用しておりません。●カビの発生についてせっこうボード類は施工当初、施工後にかかわらず、湿度が高くなった場合にはカビが発生する恐れがありますので、換気または除湿を十分に行い湿度を低く保つように努めてください。●施工後の水濡れについて漏水・雨漏り等が発生し、せっこうボード類が水に濡れて吸水した場合、ボードの剥落や落下の恐れがありますので張替えを必ず行ってください。●設計採用および施工を避ける部位について常に湿気が著しい、結露が絶えない、漏水が発生する恐れがあるなどの過酷な条件の部屋(地下室、浴室、屋内プール、サウナ室など)の天井、壁への設計採用および施工は、吸水による強度低下が発生し、ボードの剥落や落下の恐れがありますので避けてください。当カタログにおける注意点各壁構造の認定条件に関しては、「認定書」を必ずご確認ください。施工方法の詳細に関しては、最新の「標準施工指導書」を必ずご参照ください。