ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

021_耐火遮音システム

56遮音システムA-2000・WⅠシリーズスーパーウォールAシリーズS12シリーズハイパーウォールZシリーズB15シリーズタイガードリーミィ60 6162 65Jタイガードリーミィ65 75 80リブオールシリーズ【ノンスタッド】耐火システムSウォールシリーズ【片面壁】耐火壁(両面張り) その他技術編遮音性能について四周処理について設計・施工上のその他の点目透かし工法についてタイガーブランドの副資材ハイパーウォールZ目透かし仕様水平断面図スタッド65タイガーボード・タイプZ 12.5㎜厚タイガーハイパーハードC 9.5㎜厚65?109?9.5 9.512.5 12.5目透かし(幅4~10㎜)目透かしは対称位置に設けることが可能です。目透かし606㎜以上構造躯体タイガーハイパーハードC9.5㎜厚水平断面図 正面図目透かしの間隔 606㎜以上ハイパーウォールZ・WI目透かし仕様(幅4~10㎜:標準10㎜)目透かし壁の高さや長さがある場合の例○タイガーUタイト塗布部(目透かしと下張面材の目地の交差部)下張面材の目地正面図目透かし(幅4~10㎜)突付け(塩ビ製ハット型ジョイナー挿入)突付けと下張面材の目地の交差部へのタイガーUタイト塗布は不要(目透かしと下張面材の目地の交差部)塩ビ製ハット型ジョイナー(両ツバに接着材を9~15g/m塗布し取付)タイガーUタイト塗布(1.2g以上 )※目透かし幅10mmの場合(目透し幅1㎜につき0.12g以上)目透かしの ※処理タイガーハイパーハードC9.5㎜厚タイガーボード・タイプZ12.5㎜厚(目透かしと下張面材の目地の交差部)塩ビ製ハット型ジョイナー※2(両ツバに接着材を9~15g/m全面接着し取付)タイガーUタイト塗布(1.2g以上※1) 目透かしの処理スタッド 65目透かしは対称位置に設けることが可能です。※1目透かし幅10mmの場合(目透かし幅1mmにつき0.12g以上)※2塩ビ製ハット型ジョイナーと上張面材(タイガーハイパーハードC9.5mm厚)の間にすき間があると表記の遮音性能は確保されません。■A-2000・WⅠジョイナー目透かし工法(壁四周部のクロスのひび割れ及び遮音対策)○ 強風や地震などで建築物に変形が生じた場合、乾式戸境壁の四周部見えがかりで仕上げ材のクロスにひび割れが発生する場合があります。同工法は、このひび割れを低減し、且つ、乾式戸境壁の遮音性能の低下を抑えることができます。○ 専用ジョイナー『商品名:タイガージョイナーS3』(塩ビ製)を使用します。○ 上張面材(タイガースーパーハード 9.5mm厚)と構造躯体との間(正面図のA辺とB辺の2辺)に目透かし(幅10mm以下)を設けて、専用ジョイナーを挿入します。専用ジョイナーは接着材で構造躯体と上張面材にすき間が生じないように固定します。○遮音性能:TLD-55※ 専用ジョイナーと構造躯体、専用ジョイナーと上張面材(タイガースーパーハード 9.5mm厚)の間にすき間があると表記の遮音性能は確保されません。※詳細については、標準施工指導書をご参照ください。B辺A‐2000・WI構造躯体専用ジョイナーの形状図…B辺も同様の処理25長さ:2500mm材質:塩化ビニル製20 30.55.5A-2000・WⅠタイガーUタイト専用ジョイナー目透かし(10mm以下)接着材タイガーロックフェルトタイガースーパーハード 9.5mm厚タイガーボード・タイプZ 21mm厚スタッド構造躯体正面図専用ジョイナーA辺水平断面図(A辺)B辺A‐2000・WI構造躯体専用ジョイナーの形状図…B辺も同様の処理25長さ:2500mm材質:塩化ビニル製20 30.55.5A-2000・WⅠタイガーUタイト専用ジョイナー目透かし(10mm以下)接着材タイガーロックフェルトタイガースーパーハード 9.5mm厚タイガーボード・タイプZ 21mm厚スタッド構造躯体正面図専用ジョイナーA辺水平断面図(A辺)「A-2000・WⅠジョイナー目透かし工法」の概要特許取得済[特許第5663119号]○ 遮音性能を確保するためには、壁面積に対する目透かしの長さ(m)など各種の制限があります。詳細については、標準施工指導書をご参照ください。※ 当壁構造については、耐火構造認定FP060NP-0389(2)及びFP060NP-0390(2)は併用して適応することができ、突付け目地と目透かしの両方を設けた壁とすることができます。(突付け目地部:FP060NP-0389(2)、目透かし部:FP060NP-0390(2))○使用可能な塩ビ製ハット型ジョイナーは、54ページの「ハイパーウォールZ目透かし仕様」で紹介しているものと同じです。ハイパーウォールZ目透かし仕様水平断面図スタッド65タイガーボード・タイプZ 12.5㎜厚タイガーハイパーハードC 9.5㎜厚65?109?9.5 9.512.5 12.5目透かし(幅4~10㎜)目透かしは対称位置に設けることが可能です。目透かし606㎜以上構造躯体タイガーハイパーハードC9.5㎜厚水平断面図 正面図目透かしの間隔 606㎜以上ハイパーウォールZ・WI目透かし仕様(幅4~10㎜:標準10㎜)目透かし壁の高さや長さがある場合の例○タイガーUタイト塗布部(目透かしと下張面材の目地の交差部)下張面材の目地正面図目透かし(幅4~10㎜)突付け(塩ビ製ハット型ジョイナー挿入)突付けと下張面材の目地の交差部へのタイガーUタイト塗布は不要(目透かしと下張面材の目地の交差部)塩ビ製ハット型ジョイナー(両ツバに接着材を9~15g/m塗布し取付)タイガーUタイト塗布(1.2g以上 )※目透かし幅10mmの場合(目透し幅1㎜につき0.12g以上)目透かしの ※処理タイガーハイパーハードC9.5㎜厚タイガーボード・タイプZ12.5㎜厚(目透かしと下張面材の目地の交差部)塩ビ製ハット型ジョイナー※2(両ツバに接着材を9~15g/m全面接着し取付)タイガーUタイト塗布(1.2g以上※1) 目透かしの処理スタッド 65目透かしは対称位置に設けることが可能です。※1目透かし幅10mmの場合(目透かし幅1mmにつき0.12g以上)※2塩ビ製ハット型ジョイナーと上張面材(タイガーハイパーハードC9.5mm厚)の間にすき間があると表記の遮音性能は確保されません。■ハイパーウォールZ・WI目透かし仕様【TLD-52】(18ページ掲載の壁構造) 塩ビ製ハット型ジョイナー使用