ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

Sウォール-WR

※施工時は必ず防じんマスク、安全メガネを着用してください。 その際、体調に異常を感じた場合は使用を中止してください。必要に応じて、医師にご相談ください。項    目鋼製下地材目地処理材充てん材接着材材料名寸法、形状上下部ランナー間 柱(スタッド)材料名材料名材料名タイガーボード・タイプZ-WR(不燃NM-1498,JIS A 6901[GB-F])厚さ21㎜、幅606㎜×長さ1,820㎜、ベベルエッジウレタン系シーリング材、または変成シリコーン系シーリング材●商品名:タイガーUタイト、またはタイガー耐火シーラント壁の四周部は以下の材料で、隙間のないように充てんしてください。●タイガーロックフェルト(厚さ10㎜、幅21㎜、長さ1,000㎜)●タイガージプタイト、またはタイガーUタイト無機質系接着材 商品名:タイガートラボンド製品仕様等壁・柱・はり等との取合部の処理面 材タイガーボード・タイプZ-WRを2枚重ね張り形状 ・寸法 :  -45~100×40㎜、厚さ0.5㎜以上形状 ・寸法 :  -45~100×45㎜、厚さ0.5㎜以上取付間隔 : 606㎜以下墨出しおよび上下ランナーの取付け間仕切壁を設置する所定の位置に墨出しし、ランナーを600㎜以内の間隔で打込みピン等で、固定します。1 上張りボードの留付け上張り「タイガーボード・タイプZ-WR」を下張りボードの目地部と重ならないよう、接着材(タイガートラボンド)を200g/m2以上塗布し、ステープルを100㎜以内の間隔で留付けます。なお、ボードをエレベーターシャフト側に留付ける場合は接着剤とステープルに加え、タッピンねじ(4.0φ×52㎜以上)で600㎜以内の間隔でスタッドに留付けます。5間柱の取付け現場の寸法に合わせて切断し、所定の間隔で取付けます。2四周取合部の処理-Ⅰ四周取合部には、下張り「タイガーボード・タイプZ-WR」を建込む前に、タイガーロックフェルトを張り付けます。3四周取合部の処理-Ⅱ上張りボードを施工後、四周をタイガージプタイトなどで処理します。6目地部の処理上張りボードの継目部の目地にウレタン系または変成シリコーン系のシーリング材を充てんします。 下張りボードの留付け 7下張り「タイガーボード・タイプZ-WR」は3.5φ×32㎜以上のタッピンねじで、300㎜以内の間隔で取付けます。4「吉野耐火Sウォール-WR」の施工方法の詳細は当社発行の「標準施工指導書」をご参照ください。●アスベストについて‥‥‥‥‥●ホルムアルデヒドについて‥‥●クロルピリホスについて‥‥‥●水濡れついて‥‥‥‥‥‥‥‥●防カビ剤について‥‥‥‥‥‥現在、当社製品にはアスベストは一切使用しておりません。当社のせっこうボード・パテ及びボンド類は、ホルムアルデヒド発散建材を定める告示による規制対象外となっており、使用面積の制限はありません。当社製品は、クロルピリホスを一切使用しておりません。竣工後、常時水が掛り吸水した場合、ボードの剥落や落下の恐れがありますので張替えを必ず行ってください。米国の環境保護庁(EPA:Environmental Protection Agency)が環境およびヒトの健康に関して安全と評価した防カビ剤を使用しております。構成材料等施工手順エレベーターシャフトを囲む壁は、エレベーターの昇降に伴って発生する風圧を受けます。このシャフト内の風圧は、エレベーターの昇降速度が速くなるほど大きくなります。「吉野耐火Sウォール-WR」は、「Sウォール」同様、米国の事例をもとに、壁の変形(最大タワミ量)が一定基準以下(壁高さに対する最大タワミ量の割合が1/240以下)となるように、エレベーターの昇降速度に対応した鋼製下地材のスタッド間隔と、壁高さの上限を定めています。右表は、65形および100形の板厚0.8㎜の鋼製下地材(JIS品)を用いた場合の対応表です。75,90形の板厚0.8㎜の鋼製下地材(JIS品)を用いた場合については、技術資料「吉野耐火Sウォール壁高さ対応」をご覧ください。壁高さ対応については、エレベーターの風圧を考慮したものであり、耐震性とは異なります。壁高さ対応( 推奨)スタッド間隔 455㎜ 606㎜0~55m/分エレベーターの昇降速度65形 4.0m100形4.0m5.0m 5.0m455㎜ 606㎜ 303㎜~300m/分~550m/分~900m/分3.9m 3.7m5.0m 4.7m3.8m 3.4m5.0m 4.4m壁高さの上限65形・100形の鋼製下地材(JIS品)を用いた場合のスタッド間隔と壁高さの上限※エレベーターのカゴ数は2連以下の場合。<K-44>17.7.B.20.TK