ブックタイトル164_TBZ-WRを用いた木造耐火構造の外壁カタログ

ページ
12/12

このページは 164_TBZ-WRを用いた木造耐火構造の外壁カタログ の電子ブックに掲載されている12ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

164_TBZ-WRを用いた木造耐火構造の外壁カタログ

●タイガーボード・タイプZ-WRの保管は原則として室内の水平な場所とし、必ずパレットや高さのそろった台木に載せてください。屋外に保管する場合は必ずパレット積みとして、あらかじめシートなどで養生してください。●タイガーボード・タイプZの保管は、室内の水平な場所にパレットや高さのそろった台木に載せてください。●タイガーボードの切断はのこぎり、電動丸鋸、ボード用カッターナイフなどで行ってください。●タイガーボード・タイプZ-WR は防水性、防カビ性を付加しておりますが、タイガーボード・タイプZ-WRの施工を始めてから2週間以内に透湿防水シートを施工してください。●屋外側の構造用合板とタイガーボード・タイプZ-WR の間の透湿防水シートは必ず施工してください。■アスベストについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・現在、吉野石膏製品にはアスベストは一切使用しておりません。■ホルムアルデヒドについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉野石膏のタイガーボードシリーズは、ホルムアルデヒド発散建材を定める告示による規制対象外となっており使用面積の制限はありません。■クロルピリホスについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉野石膏製品は、クロルピリホスを一切使用しておりません。■タイガーボード・タイプZの水濡れについて・・・・・・・・竣工後、常時水が掛り吸水した場合、ボードの剥落や落下の恐れがありますので張替えを必ず行ってください。■防カビ剤について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「タイガーボード・タイプZ-WR」には米国の環境保護庁(EPA:Environmental Protection Agency)が環境およびヒトの健康に関して安全と評価した                    防カビ剤を使用しております。!「 タイガーボート・タイプZ-WRを用いた木造耐火構造の外壁」は、通気工法とすることが必須です■施工上の注意事項●屋内側の防湿シートは必ず施工してください。●雨天時の屋外側の施工は避けてください。●雨天後の屋外側の施工は事前に施工完了箇所が充分に乾燥していることを確認してから行ってください。●施工時は必ず防塵マスク、安全メガネを着用してください。その際、体調に異常を感じた場合は使用を中止してください。必要に応じて、医師にご相談ください。〈K-59〉17.5.B.2.TK