ブックタイトル164_TBZ-WRを用いた木造耐火構造の外壁カタログ

ページ
8/12

このページは 164_TBZ-WRを用いた木造耐火構造の外壁カタログ の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

164_TBZ-WRを用いた木造耐火構造の外壁カタログ

7 木造軸組木造枠組タイガーボード・タイプZ 21mm厚を両面2枚張りとしたシンプルな構造。断熱材を挿入することも可。木造軸組木造枠組告示による木造耐火構造の外壁平成12年5月30日 建設省告示第1399号改正 平成26年8月22日 国土交通省告示第861号●平成12年の建設省告示第1399号(耐火構造の構造方法を定める件)が一部改正され、告示での木造耐火壁構造(間仕切壁及び外壁)が可能になりました。●同告示には「木下地※の両側を強化せっこうボード2層以上でかつ42mm厚以上とする」とあり、強化せっこうボードとしてタイガーボード・タイプZとタイガーボード・タイプZ-WRが使用できます。 ※告示では、鋼製下地も可◯屋外側の防火被覆:タイガーボード・タイプZ-WR ◯屋内側の防火被覆:タイガーボード・タイプZ(詳細は次ページの「平成26年国土交通省告示第861号におけるポイント」をご参照ください)●告示では5種類の外装材が認められています。(窯業系サイディング、軽量気泡コンクリートパネル、金属板、モルタルを塗ったもの、しっくいを塗ったもの)透湿防水シート断熱材(グラスウールなど)外装材 胴縁 タイガーボード・タイプZ-WR 21mm厚防湿シート 木下地 タイガーボード・タイプZ 21mm厚必ず通気層を設ける防火被覆防火被覆※通気工法とすることが必須です。※タイガーボード・タイプZ-WRの施工を始めてから、 2週間以内に透湿防水シートを施工してください。※雨天時の屋外側の施工は避けてください。告示による木造耐火構造の間仕切壁のご紹介水平断面図水平断面図タイガーボード・タイプZ 21mm厚木下地タイガーボード・タイプZ 21mm厚5種の外装材が選択可能な外壁屋外側屋内側