HOME会社案内 > 会社概要

会社概要

ごあいさつ 「たゆまぬ努力と情熱で、社会に貢献できる企業を指向して」

当社は、創業明治34(1901)年、会社設立昭和12(1937)年の歴史において、「石膏」を主とする建材及びその工法開発に関わる事業を通じて、〈安全で快適な住空間を創る〉ことに従事してまいりました。
当社の代表的製品である「タイガーボード」は我が国初の石膏ボードであり、今日、木造住宅を省令準耐火構造にできる不燃建材として活用されています。また、耐火だけでなく、耐震、遮音、シックハウス症候群などに対応する製品を次々と開発してきました。最近では、「公共建築物における木材の利用の促進法」施行や、工期短縮や短い減価償却期間及びCO2削減など木造建築物のメリットをふまえて、今後の木造耐火建築物に使用できる「外壁耐火システム」の開発に成功しています。
つまり、当社は単に製品や工法を製造販売することではなく、皆様の生命と財産を災害から守り、安全・安心と健康に配慮した快適な住空間を創っているのだと考えております。それが私どもの喜びであり、誇りです。

そして、当社が創る安全・安心で快適な空間は、開発、製造、流通、営業などさまざまな部署の人間が適切かつミスなく働いてこそ実現するものです。したがって、いかに良い製品を作るかと同様に、いかに良い人材を育成していくかにも注力しています。当社の社員一人ひとりが重要な役割を果たしている認識のもと、吉野石膏というひとつの大きなファミリーとして力を合わせ、明るく心の通った社風を大切に育んでいます。

今後は、国内シェアの拡大とともに、海外市場への進出にもおおいに挑んでいきたいと考えています。日本における超高齢化社会では、老人介護施設等の建設や高齢者が安心して暮らせる住まいの建設等に貢献していきます。また、海外では、ASEANを中心に新たなマーケットを開拓していきます。
このように、たゆまぬ努力と熱意をもって新たな挑戦を続け、事業を通じて、さらに社会に貢献できるよう努めてまいる所存です。

今後ともご指導ご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

会社概要
商号 吉野石膏株式会社 (Yoshino Gypsum Co.,Ltd.)
設立 昭和12年3月2日(創業 明治34年)
本社 〒100-0005東京都千代田区丸の内3−3−1(新東京ビル)
TEL 03(3216)0951(代) FAX 03(3214)5094
主な事業内容 せっこう(石膏)を原料とする建築材料の製造・販売など
  • タイガーボード(せっこうボード)
  • YNプラスター(せっこうプラスター)
  • タイガーパテ(ドライウォール工法用パテ類)
  • SLプラスター(セルフレベリング床流し材)
  • GLボンド(せっこうボードによる直張工法用接着材)
  • 焼石膏他

生産推移
せっこうボードの国内生産推移(単位:億m2 (石膏ボード工業会統計)
平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
4.41 4.69 4.92 5.15 5.29 5.03 4.99

市場占有率
タイガーボードの市場占有率は約80%
タイガーボードはその大半が壁・天井として使われ、住宅用が75%、ビル用が20%、工業用が5%となっています。
年間使用量は国民1人あたり3m2を上回ります。

理念
地球環境と調和する生産
吉野石膏では、いちはやく「地球環境の保護」の問題と取り組み、副生せっこうの有効利用や古紙再生によるボード用原紙の生産、廃せっこうボードの再原料化など各種技術を確立しています。限りある資源を大切に、地球環境と調和する生産を目指しています。

豊かな生活価値を創出する商品
"安全(防火・耐火)"で"快適(遮音・断熱・清浄な空気)"を創出する商品を提供することを企業活動の目的としています。建材以外でも歯科用せっこう、土壌改良剤など、さまざまな商品を提供しています。

活力ある人材を誇りとする企業
吉野石膏は、お客さまに支えられて、創業百余年の歴史を持つせっこう建材業界のリーディングカンパニーに成長することができました。これからも"誠実さと挑戦心"を持ち、質の高い仕事を追求していきます。

沿革
          
1901年 山形県吉野鉱山にて石膏原石の採掘を開始。
1922年 石膏ボードの生産を開始。
1937年 吉野石膏株式会社設立。
1948年 日東石膏(株)、大阪耐火ボード(株)にボード製造技術を公開指導。
1955年 米国カイザージプサム社と技術提携。
1959年 東北吉野石膏(株)設立、秋田工場竣工。
1961年 菱化吉野石膏(株)高砂工場竣工。高砂製紙(株)、傘下に入る。
1962年 チッソ吉野石膏(株)水俣工場竣工。宇部吉野石膏(株)宇部工場竣工。
1963年 住鉱吉野石膏(株)北海道工場竣工。
1967年 新潟吉野石膏(株)榎町工場竣工。菱化吉野石膏(株)小名浜工場竣工。
1968年 ラサ吉野石膏(株)宮古工場竣工。西独リ・ギプス社に技術供与。
1971年 新潟吉野石膏(株)東港工場竣工。
1973年 小名浜吉野石膏(株)いわき工場竣工。
1974年 直島吉野石膏(株)直島工場竣工。
1977年 米国ナショナル・ジプサム社と技術提携。
1979年 豪州CSR社に技術供与。
1980年 創業80周年を迎える。
1981年 日産建材(株)と業務提携。
1982年 多木建材(株)と業務提携。
1984年 (株)吉野石膏DDセンターを設立。
1987年 会社創立50周年、東洋一の千葉第二工場竣工。
1988年 会長に須藤恒雄、社長に須藤永一郎がそれぞれ就任。
1990年 創業90周年を迎える。90年史刊行。
1992年 東北電力(株)と合弁・能代吉野石膏(株)設立。
日東化学工業(株)と合弁・相馬石膏(株)設立。
1993年 ヨーロッパ最大の石膏関連企業BPB社と技術提携。
北九州市に最新鋭の北九州工場竣工。
1994年 情報システム部(中央電算センター)によるコンピュータオンラインシステムを完了。
1995年 オーストラリアのRio Tintoグループダンピアソルト社との間に天然石膏の輸入契約締結。
1996年 四国(今治市)に西日本地区マーケットをフォローする新鋭ボード工場建設着工。
1997年 日東石膏ボード(株)のボードをタイガーブランドによるネットワークで発売開始。
1999年 品質マネージメントの国際規格であるISO9001、9002を吉野グループとして順次取得。
2000年 須藤永一郎社長、建材産業界への貢献を称えられ「藍綬褒章」受賞の栄に浴す。吉野石膏100年三世代にわたる褒章受賞の記念すべき祝賀となる。
吉野グループへ<ボード用原紙>を供給する兄弟会社である高砂製紙(株)の最新鋭マシンが稼動開始。
環境マネージメントの国際規格であるISO14001を三河工場が取得。
2001年 世界トップレベルの実験施設「総合性能試験センター」を千葉第二工場内に建設・竣工。
2002年 最新技術情報の発信基地「吉野石膏虎ノ門ビル」竣工。
2003年 ISO9001(2000年版)への移行完了。
2005年 須藤永一郎社長、長年の石膏ボード業界振興の功績により「旭日中綬章」を賜る。
2007年 日本防火ライト工業(株)の事業を継承し、吉野グループとしてエヌビーエル(株)と改名。
「北九州研修センター」がオープン。
世界最高水準の生産能力を備えた「千葉第三工場」が竣工。
2008年 「三河研修センター」がオープン。
2009年 吉野グループとして日本ソーラトン(株)を設立し、ロックウール化粧吸音板「ソーラトン」の製造を開始。
2010年 創業110周年を迎え、記念祝賀会を催す。
日本ソーラトン(株)の新工場を竣工。
三菱レイヨン(株)よりデラクリートの輸入販売事業を譲受。
2011年 「神戸研修センター」がオープン。
2012年 「仙台研修センター」がオープン。
2013年 インドネシアに現地法人、PT.YOSHINO INDONESIA設立。
2014年 会長に須藤永一郎、社長に須藤永作がそれぞれ就任。
吉野グループとしてサンケイ吉野(株)を設立し、焼石膏の製造販売を開始。
吉野グループとしてタイガレックス(株)を設立し、セラミック製品の販売を製造販売を開始。
2015年 グラスウール製造会社 旭ファイバーグラス(株)を吉野グループとする。
2017年 PT.YOSHINO INDONESIA ジャカルタ工場建設に着手。

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州