HOME会社案内 > 研究・開発拠点

研究・開発拠点

当社の技術開発拠点は「技術研究所」「総合性能試験センター」「エンジニアリング部」の3つに大きく分けられます。

技術研究所
【主な業務】
「せっこうボード・せっこうプラスターの品質改良、技術的問題点の解明」
「将来の市場ニーズに応える新製品の開発」
「工業用焼せっこうの拡販につながる商品の開発」
など"品質の改良と技術的問題点の解明"が技術研究所の主な業務です。
また、研究成果の特許出願や学会での論文発表なども積極的に行なっています。
総合性能試験センター
各種性能の検証により、お客様のニーズに対応した「新たな技術の確立」を目指す!
研究・開発・製造など各部門との連携のもと、進歩する技術を迅速に取り入れながら、厳しい性能試験を繰り返し、お客様のニーズに応える製品の開発を行っています。
特に耐火・遮音壁などの開発では、認定試験と同条件の予備試験により、性能確保が確実となったもののみ公的機関での認定試験を受験し、国土交通省の認定を取得しています。


総合性能試験センター 試験設備のご紹介(平面図)

総合音響試験室
TLD80の音楽スタジオに相当する世界トップレベルの遮音性能測定が可能
TLD80
日本建築学会で規定する、壁単体の音響試験室での遮音性能評価値。値が大きいほど高性能です。TLD80は、品確法で規定する界壁の最上等級4(TLD55)より、さらに5等級(25dB)高性能となります。コンクリートでは、厚さ5,000mmに相当します。

総合耐力性能試験装置
より強く軽く丈夫な建材・構造に挑む
建築物の大型化のニーズに対応し、実大の性能試験が可能です。
地震や衝撃、加圧など、さまざまな状況下を想定した製品の強度・剛性の測定をはじめ、壁材の材質や厚さ、構造などを比較した実験ができます。

壁に必要な強さ


  • 面内せん断試験装置
    木造軸組や2×4住宅の耐力壁の試験を行います。
  • 面内変形追従性試験装置
    試験体に地震による変形を与え、仕上材の損傷を観察します。
  • 面外曲げ剛性試験装置
    試験体の面に直角に力を加え、壁のたわみを測定します。


大型耐火性能試験炉
「燃えない壁」をさまざまな条件下で実証
面積約9m2の大型壁まで対応の耐火試験炉です。
平成12年の建築基準法改正に伴う新しい耐火試験基準に対応可能です。壁に鉛直の力を加えながら加熱を行う載荷加熱試験も可能です。
耐火試験


実大耐久性試験装置(環境試験棟内)
耐久性の高い建材・壁を求めて!さまざまな自然環境での性能を実証。

建物の室内外の温湿度を再現する2つの部屋(チャンバー)の間に試験体を設置して耐久性などの実験ができます。室外チャンバーには擬似的に日射熱を照射する赤外線ランプ、雨を想定した散水装置があり各種気象条件を再現できます。

[総合性能試験センターの概要]
所在地: 千葉県袖ヶ浦市南袖52吉野石膏千葉第二工場内
建物:
  • 〔本 棟〕(音響・耐火・耐力)
  • 延床面積1,273m2  鉄骨造一部2階建   2001年(平成13年)1月竣工
  • 〔環境試験棟〕(耐候・耐久)
  • 延床面積375m2  鉄骨造1階建   2011年(平成23年)9月竣工
■施設概要
総合音響試験室
JIS A1416:2000に規定するタイプ I 試験室(残響室)
設計監修:東京大学名誉教授・橘 秀樹(建築音響工学)
・測定限界:TLD80/・形状:直方体RC造(RC厚さ300mm)
・拡 散 板:音源・受音室各1枚設置
・音 源 室:容量286m3・表面積265m2 / ・受 音 室:容量304m3・表面積276m2
総合耐力性能試験装置
●面内せん断試験装置(耐力壁)
・最大荷重:100kN/・最大振幅:±200mm / ・試験体最大寸法:W3,000×H2,730mm
  • ●面内変形追従性試験装置(非耐力壁)
  • ・最大荷重:100kN/・最大振幅:±200mm / ・試験体最大寸法:W3,000×H2,730mm
  • ●面外曲げ剛性試験装置
  • ・最大荷重:50kN/・試験体最大寸法:W3,000×H5,000mm
大型耐火性能試験炉
・対象部位:壁/・有効加熱寸法:W3,050×H3,000mm
・燃焼装置:天然ガス・フラットフレームガスバーナー 16台
・加熱曲線:ISO・834の標準加熱曲線による
・載荷加熱:最大300kNまでの載荷
実大耐久性試験装置
建材試験センター規格JSTM J 7001実大外壁等の日射熱による熱変形性及び耐久性試験方法に規定する試験装置
●室内条件設定用チャンバー
・内寸:W3,000×D3,300×H3,400mm / ・開口寸法:W2,600×H2,800mm(試験体最大寸法)
・温度:-10〜+50℃ / ・湿度:20〜95%RH(+20〜50℃の条件)
  • ●室外条件設定用チャンバー
  • ・内寸:W4,000×D3,300×H3,400mm
  • ・温度:-30〜+50℃ / ・湿度:20〜95%RH(+20〜50℃の条件)
  • ●赤外線ランプ
  • ・有効照射面積:W2,000×H2,000mm / ・平均日射強度:1,000W/m2
  • ●散水装置
  • ・最大散水量:1.75リットル/m2

エンジニアリング部
【主な業務】
工場の設計、改良、保全に関する指導・応援を行なう「プラント統括」と、新規プラントや新製品の製造設備に関する調査、設計、見積などを行なう「設備設計」、及び全社的な安全上の基準やマニュアルを作成し、各工場に励行させる「安全統括」がエンジニアリング部の主な業務です。

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州