吉野石膏

HOMEお問合せカタログ請求English
検索
「せっこう」基礎知識 Products Construction Methods Environmental Policy 先端技術 About Us 求人情報
HOME > 工法紹介/耐火・sound insulation wall method > 耐火構造
Construction Methods
認定番号一覧
カタログ請求
施工管理体制
標準施工指導書

耐火構造(1時間耐火間仕切壁・非耐力)

耐火Sウォール 特許出願中
従来と全く異なる、画期的な片面施工の耐火壁
【おすすめ使用場所】
  • 片面施工が要求されるエレベーターシャフト、階段室、ダクトスペース、パイプスペースなど
  • 増築に伴う追加防火区画壁(既存壁を残して片面施工可能)


【特 長】
  • シンプルな構造:鋼製下地の片面に厚さ21mmの強化せっこうボードを2枚張(標準仕様)
  • 片面施工が可能:壁の反対側に足場や作業スペースが不要。竪穴防火区画壁に適しています。
  • 壁高さに対応 :鋼製下地(スタッド)の断面形状を変更するだけで、自由な壁高さに対応。

【性 能】1時間耐火性能(非耐力→ 建物の荷重の支持を負担しない壁)

<標準仕様> :耐火壁認定番号 FP060NP−0007
<目地部シーリング仕様> :耐火壁認定番号 FP060NP−0049
<増張り仕様> :耐火壁認定番号 FP060NP−0046

【壁の構成図】
<Sウォール標準仕様>
上張強化せっこうボードの目地部にはガラス繊維テープを張り、下塗り用、上塗り用のジョイントコンパウンドを使用して平滑に仕上げます。

<Sウォール目地部シーリング仕様>
上張強化せっこうボードのV目地にウレタン系または変成シリコーン系のシーリング材を充てんした仕様


<Sウォール増張り仕様>
上張り強化せっこうボードの目地処理を省略し、ボード継目部のクラックの発生を防止する方法。
下記a)またはb)のいずれかの方法で施工してください。
a)タイガーボード厚9.5mmを目透かし(幅6mm以下)として、ステープルと接着で増張り
b)化粧パネル「タイガーアネーロ」(厚12.5mm)を目透かし(幅6mm以下)として、両面テープと接着材で増張り




※ 耐火構造「グラスロックB-18」につきましては、使用面材タイガーグラスロック6o品の製造・販売中止に伴い、提供を終了いたします。

一般的な耐火壁一覧表
(1)スーパーウォールA ハイパーウォールZ
普通硬質せっこうボードを上張面材に使用することで、優れた強度を実現。
壁名称 おすすめ使用場所 壁構造(水平断面図)
スーパーウォールA 学校・病院などの特に強度が必要な耐火壁
ハイパーウォールZ 薄さと表面に硬さを要求される耐火壁

(2)A21、B15、S12
強化せっこうボード「タイガーボード・タイプZ」を使用した耐火壁のスタンダード。
壁名称 おすすめ使用場所 壁構造(水平断面図)
A21 防火区画
B15
S12

(3)A60
片面施工が要求される部位(竪穴防火区画)。
壁名称 おすすめ使用場所 壁構造(水平断面図)
A60 壁高さの低いエレベーターシャフト
パイプスペース、階段室など
(標準壁高3.3m)
A60ヨコ
※A60:ボード長さ 壁高さ1枚物を使用、 ※A60ヨコ:ボード長さ 壁幅1枚物を使用


このページの先頭に戻る▲
このサイトについてサイトマップよくある質問(FAQ)リンク個人情報保護について