HOMEよくある質問(FAQ) > せっこうボード一般について

よくある質問(FAQ) 2016年11月版

せっこうボード一般について


Q せっこうボードの重量を教えてください。
A
  • 主な商品の標準的な重量は以下の通りです。(2015年9月より)
    製品名(弊社商品名) JIS記号(GB-Rなど)を示す
タイガーボード GB−R
9.5mm : 6.6kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり10.9kg
12.5mm : 8.5kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり14.1kg
タイガー超軽量せっこう板
9.5mm : 4.8kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり8.0kg
12.5mm : 6.3kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり10.4kg
不燃タイガーボード9.5 GB−NC
9.5mm : 7.0kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり11.6kg
タイガー防水ボード GB−S
9.5mm : 7.9kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり13.1kg
12.5mm : 10.4kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり17.2kg
タイガー不燃防水ボード GB−S
12.5mm : 9.3kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり15.4kg
強化せっこうボード(タイガーボード・タイプZ) GB−F
12.5mm : 9.8kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり16.2kg
15mm : 11.7kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり19.4kg
21mm : 16.4kg/u、2×6(606mm×1,820mm)1枚あたり 18.1kg
硬質せっこうボード(タイガースーパーハード) GB−R−H
9.5mm : 11.6kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり19.2kg
12.5mm : 15.2kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり25.2kg
硬質せっこうボード(タイガーハイパーハードC) GB−R−H
9.5mm : 9.7kg/u、3×6板(910mm×1,820mm)1枚あたり16.1kg
硬質せっこうボード(タイガーハイパーハードT) GB−R−H
12.5mm : 12.7kg/u、910mm×3,000mm 1枚あたり34.7kg
ジプトーン・ライト、マーブルトーン・ライト、ステラート・ライト GB−D
9.5mm : 6.5kg/u、1坪あたり21.5kg
ジプトーン・ウルトラライト、マーブルトーン・ウルトラライト
9.5mm : 4.8kg/u、1坪あたり16.0kg
スクエアトーン・Dプラス
9.5mm : 6.6kg/u、1坪あたり21.8kg
タイガートーン
9.5mm : 6.8kg/u、1坪あたり22.5kg

Q せっこうボードのせっこうと紙はどんな接着剤で接着しているのですか?
A 石膏と紙の接着は、接着剤によるものではなく、石膏が水和反応で固まる際に針状結晶を生成し、それが紙に刺さることにより接着しています。

Q 強化せっこうボードは何を強化したのですか?
A 強化せっこうボードはガラス繊維などを入れて、耐火性能を強化したものです。

Q 硬質せっこうボードとは、どのようなボードですか?
A 硬質せっこうボードは、普通せっこうボードの比重を高め、表面硬度を上げたせっこうボードです。せっこうボード製品の規格(JIS A 6901)では、普通硬質せっこうボード:GB-R-Hに該当します。タイガースーパーハード、タイガーハイパーハードT、タイガーハイパーハードCが該当商品です。

Q 構造用せっこうボードとは、どのようなボードですか?
A JIS A 6901でGB-Stに分類される構造用せっこうボードは、規格上、強化せっこうボードの性能を満たしており、さらに耐震的性能を向上させたもので、強化せっこうボードと同等に扱えます。
構造用せっこうボードの不燃認定番号は、NM-8615です。

Q タイガーボードなどのせっこうボード製品を、暖炉や煙突の耐火被覆材として使えますか?
A せっこうボードは結晶水を持ち、火災時にその結晶水が蒸発することで耐火性を発揮する材料です。
暖炉や煙突など、繰り返し又は常時高温になる条件下では、せっこう中の結晶水が失われて耐火性が得られなくなりますので、このような部位でのご使用は避けてください。

Q せっこうボードの留付け間隔は何を参考にすればよいですか?
A 基準とする仕様書(国交省監修「公共建築工事標準仕様書」、住宅金融支援機構「住宅工事仕様書」、日本建築学会「建築工事標準仕様書」等)により異なりますので、それぞれ確認してください。
一方、防耐火・遮音構造や、木造住宅の壁倍率等の個別認定の場合には、その認定条件に従う必要があります。

Q せっこうボードの継目のひび割れを軽減する方法を教えて下さい。
A せっこうボードの継目処理がパテのみの場合、ひび割れが生じやすくなります。継目に「タイガージョイントテープ」や「タイガーGファイバーテープ」を併用することで、ひび割れの軽減になります。
また、せっこうボードの面取りカット目地などのせっこうが露出した部位には吸水調整剤の「スーパータックR」を水で3倍に希釈した液を塗布し、Gファイバーテープを併用してパテ処理することで、継目強度が高まり、ひび割れの軽減になります。

Q せっこうボードに直接、漆喰を施工したいのですが・・・?
A 漆喰などアルカリ性の強い仕上げ材は、せっこうボードやタイガーグラスロックに直接施工しないでください。その場合は、各下地にプラスターを塗ったうえで漆喰を施工してください。

Q 現場で発生するせっこうボード廃材をリサイクルしたいのですが・・・?
A 弊社では新築現場から出るボード端材を、弊社の工場に持ち込んで頂き、リサイクルしています。受入れたボード端材は紙と石膏に分離し、一般の原料石膏にリサイクル石膏を混合してせっこうボードを製造しています。タイガーグラスロックも同様にリサイクルできます。
環境省から認定された広域認定制度に基づいた取り扱いになりますので、建設業者様等との基本契約が必要です。実際の現場では排出業者(建設業者の作業所等)と弊社で契約を交わし、異物が混入しないように厳重に管理したものを受け入れています。その場合、せっこうボードメーカーはリサイクル処理料金を申し受けています。

Q 建設業者ではなく一般の者ですが、タイガーボードを直接購入することはできますか。
A 当社では、一般の方に直接販売はしていません。
大きなホームセンターでは在庫しているところもあります。
建材店でも、購入できる場合がありますので、最寄の建材店にお問い合わせください。

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州