HOMEよくある質問(FAQ) > ソーラトン(ロックウール化粧吸音板)について

よくある質問(FAQ) 2016年11月版

ソーラトン(ロックウール化粧吸音板)について


Q ソーラトンの重量を教えてください。
A
  • 主な商品の標準的な重量は以下の通りです。
ソーラトン 平板
9mm 3.0kg/u
12mm 3.8kg/u
ソーラトンライト・グリッド
15mm 3.9kg/u
ソーラトンキューブ ストライプ
12mm 3.9kg/u (Siキューブ含む)
15mm 4.3kg/u
ソーラトンキューブ クロス
12mm 4.0kg/u (Siキューブ含む)
15mm 4.5kg/u
ソーラトンライト・ワイド
9mm 3.3kg/u
12mm 3.9kg/u (ソーラトンライト・ワイド600も含む)

Q 図面上のDRという表記の意味は何ですか?
A JIS A 6301「吸音材料」で、ロックウール化粧吸音板のことを「DR」(Dressed Rockwool Boardの略)という記号で示します。
但し、「ソーラトンキューブ」「ソーラトン不燃軒天」はJIS製品ではありません。

Q ソーラトンの表面色のマンセル値は?
A ソーラトンの標準色のマンセル値は5.5Y 9.6/0.2です。
日本塗料工業会の近似色番号はDN−95になります。
(「ソーラトン不燃軒天」のマンセル値は6.2Y 9.3/0.3です。)
Q 白色以外のソーラトンは製造可能ですか?
A 「ソーラトンカラーシステム」として10色ご用意しています。
1色1品種100uより受注生産にて対応致します。
納期は、ご発注後4週間程度を予定してください。
Q 「ソーラトン不燃軒天」、「ソーラトンライト・ワイド」など、品種によって不燃番号は異なりますか?
A ソーラトン製品の不燃番号は全品種「NM−8599」です。
Q 「ソーラトン」と「ソーラトン不燃軒天」の違いは何ですか?
A 「ソーラトン」は屋内専用の商品ですが、「ソーラトン不燃軒天」は軒下等で、ある程度の耐湿性が要求される場所にも使用できるよう、基材のバインダー、表面塗料に一定の耐湿性能を付与した商品です。
Q ソーラトンのJIS A 6301の吸音率による区分を教えてください。
A ソーラトンは、JIS A 6301『吸音材料』の『0.5M』という区分に該当します。
『0.5』とは、JIS A 1409「残響室法吸音率」で、250Hz、500Hz、1000Hz及び、2000Hzにおける値の算術平均値が0.41〜0.60のものをいいます。
また末尾の『M』は測定条件(剛壁密着)を示します。
Q 『ミネラートン』、『テラトーン』は現在製造可能ですか?
A 弊社は2009年に『ソーラトン』商品のみを事業継承しました。
『ミネラートン』、『テラトーン』は、継承していませんので、製造できません。
Q ソーラトンはエコマーク認定商品ですか?
A ソーラトンは(公財)日本環境協会が「環境への負荷が少なく、環境保全に役立つ」と認めたエコマーク認定商品です。
エコマーク認定番号は第11123013号です。
Q ソーラトンにアスベストは含まれていますか?
A 日本ソーラトン(株)が生産を開始した2010年1月以降のソーラトン製品にアスベストは一切使用していません。
2009年12月以前に日東紡績(株)で生産した製品については、ロックウール工業会ホームページのアスベスト(石綿)関連情報を御参照下さい。

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州