HOMEよくある質問(FAQ)せっこうボード一般について > 標準施工方法(タイガーグラスロック下地の場合)

標準施工方法(タイガーグラスロック下地の場合)

  • グラスロックを面取りせずに隙間無く突き付け張りした後、プライマー(スーパータックR原液)をローラーで全面に塗布し、乾燥させる。
  • プライマーが乾燥後、目地処理を行う。
    • ・ボード突き付け部の補強は、Gファイバーテープを目地部に張り補強する。
      カット目地の補強は、予めプライマー(スーパータックRの5倍希釈液)を塗布し、乾燥させ、次にGファイバーテープを目地部に張り補強した後、目地部が平滑になるようUトップで埋める。
    • ・クラックの発生しやすい開口部廻りの補強は、クラックの発生するおそれのある方向に対して垂直方向にGファイバーテープを貼り付け補強する。
  • Uトップ等のせっこうプラスターをすり込むように十分にコテ圧をかけて下こすりし、3〜5mm塗り付け、乾燥させる。
  • せっこうプラスターが硬化後1日以上の時間をあけて水性エマルションのプライマー(スーパータックRの5倍希釈液)を全面に塗布し、乾燥させる。
  • 製造業者の仕様に従って漆喰製品を施工する。

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州