HOME工法紹介 > 目地処理工法(ドライウォール工法) > コーナー施工

>コーナー施工方法

【コーナー補強材】
・タイガーコーナーテープ
(インコーナー)

・タイガーフレックスコーナーテープ
・タイガージョイントテープ
【コーナー補強材】
・タイガーコーナーテープ
(アウトコーナー、アールコーナー)

・タイガーフレックスコーナーテープ
・タイガーコーナービード

処理方法
タイガージョイントセメントを片側約50mmの幅で充分に塗りつけます。(パテの量が充分でないと「テープのしごき」が上手くいきません)

テープは隅に合わせて貼り付けます。(タイガージョイントテープの場合は2つ折にして使用します)

直ちにヘラでテープを完全密着させるように押さえます。(しごきが充分でないと空気が入り込み、浮きや剥がれの原因となります)。はみ出した余分なパテは取り除きます。
タイガーコーナーテープ(イン・アウト・アール)を用いた場合、専用の工具「コーナーローラー」を使用すると効率的にきれいに仕上がります。

下塗りパテが乾燥したあと必要に応じサンディングし、片側100〜150mmの幅でタイガージョイントセメントで中塗りをします。

中塗りパテが乾燥したあと必要に応じサンディングし、片側200〜300mmの幅でタイガージョイントセメントで上塗りをします。
上塗りが乾燥したあとサンディング仕上げをして、平滑にします。表面に付着した粉は良く拭き取ってください。

タイガーコーナービードを使用する場合は専用の取り付け用工具「タイガークリンチャー」で取り付けます。(下地のある場合は釘またはビスで固定します)取り付け後は「中塗り」からと同様の処理を行います。

釘頭の処理
釘頭・ビスなどは、ボードの表面より凹むように(表面紙を破らない程度)打ち込みます。
釘頭をパテ処理(下塗りおよび上塗り)します。

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州