HOME工法紹介 > 木造耐火システム > 木造外壁耐火構造

木造外壁耐火構造

せっこうボードの外壁面での弱点を克服した「タイガーボード・タイプZ-WR」を外装の下地に用いた木造外壁耐火構造です。外装の仕様により、2タイプございます。

告示を利用した木造耐火壁構造についてはこちら
【木造外壁耐火構造の用途】
  • ・特別養護老人ホーム(老人福祉法 第17条)
  • ・介護老人保健施設(介護保険法 第97条)
  • ・幼稚園(学校教育法 第3条)
  • ・防火地域の専用住宅(延べ面積100㎡以上の建築物、または3階建の建築物。建築基準法 第27条)
  • ・延床面積が3,000㎡超の建築物(建築基準法 第21条)
  • ・準防火地域の延床面積1,500㎡超の建築物(建築基準法 第62条)
  • ・3階建以上の学校・保育園、ケアハウスなどの特殊建築物(建築基準法 第27条)

  • 特別養護老人ホームなど

  • 幼稚園など

  • 防火地域の専用住宅
デラクリート仕上げ外壁耐火システム(枠組)

防水・耐火性能に優れた特別なせっこうボードにデラクリートセメントボードシステムを組み合わせた1時間木造外壁耐火構造です。

【特長】
1.高い防水性 屋外側下地に「タイガーボード・タイプZ-WR」を採用することで、
施工中の水掛かりも安心   >タイガーボード・タイプZ-WR
2.高耐久外壁 通気工法により、壁の耐久性を確保
3.自由な意匠性 外装仕上げは湿式の塗り仕上げなので、自由度が高く、個性ある意匠に
4.大壁に対応 継目処理をすることで目地のほとんどない大壁が可能
【構造概要】 認定番号:FP060BE-0116、屋外側・屋内側耐力面材:構造用合板

透視図

※クリックで屋外側と屋内側の画像を切り替え

水平断面図

水平断面図

タイガーモエンEX-B1(枠組)/タイガーモエンEX-B2(軸組)

当社とニチハ鰍ニの共同開発による1時間木造外壁耐火構造です。防水・耐火性能に優れた特別なせっこうボードとニチハ鰍フ多彩な外装材の組み合わせにより実現しました。

ニチハ(株)

【特長】
1.高い防水性 屋外側下地に「タイガーボード・タイプZ-WR」を採用することで、
施工中の水掛かりも安心 >タイガーボード・タイプZ-WR
2.高耐久外壁 通気工法により、壁の耐久性を確保
3.簡単な施工 屋内側下地にせっこうボードを採用することで、容易な施工が可能
【構造概要】
  • タイガーモエンEX-B1
  • タイガーモエンEX-B2
  • 認定番号:FP060BE-0101、屋内側・屋外側耐力面材:構造用合板

    透視図

    (単位:mm)

    ※クリックで屋外側と屋内側の画像を切り替え

    水平断面図

    水平断面図

  • 認定番号:FP060BE-0153(6)、屋外側耐力面材:構造用合板

    透視図

    (単位:mm)

    ※クリックで屋外側と屋内側の画像を切り替え

    水平断面図

    水平断面図

施工上の注意事項
(デラクリート仕上げ外壁耐火システム、タイガーモエンEX-B1/B2)
  • ●タイガーボード・タイプZ-WRは防水性、防カビ性を付加しておりますが、タイガーボード・タイプZ-WRの施工を始めてから2週間以内に透湿防水シートを施工してください。
  • ●屋外側の構造用合板とタイガーボード・タイプZ-WRの間の透湿防水シートは必ず施工してください。
  • ●住宅用ロックウール断熱材及びグラスウール断熱材は「外被付」を使用してください。

その他、注意事項につきましては当社の「施工指導書」をご確認ください。
※モエンエクセラードの標準施工法は、ニチハ(株)の「設計施工資料集」で確認ください。

デラクリート仕上げ外壁耐火システム  認定番号「FP060BE-0116」施工指導書

タイガーモエンEX-B1  認定番号「FP060BE-0101」施工指導書

タイガーモエンEX-B1  モエンエクセラード設計施工資料集

準備中 タイガーモエンEX-B2  認定番号「FP060BE-0153(6)」施工指導書

準備中 タイガーモエンEX-B2  モエンエクセラード設計施工資料集

■枠組壁工法耐火建築物については(一社)日本ツーバイフォー建築協会のホームページを、軸組工法耐火建築物については(一社)日本木造住宅産業協会のホームページを、ニチハ(株)商品の詳細はニチハ(株)のカタログやホームページをご覧ください。

(一社)日本ツーバイフォー建築協会

(一社)日本木造住宅産業協会

ニチハ(株)

【デラクリート仕上げ外壁耐火システム、タイガーモエンEX-B1の留意事項】

本壁構造については、枠組壁工法による耐火構造として適切な設計および工事監理が行われるよう、(一社)日本ツーバイフォー建築協会(略称/2×4協会)が日本建築行政会議と協議して定めた「枠組壁工法耐火建築物の設計・施工に関する運用規準」(以下「運用規準」)により運用します。本壁構造を用いた建築物の設計・工事監理をする場合は、2×4協会が開催する講習会を受講し、枠組壁工法による耐火構造の設計・工事監理者として登録を受ける必要があります。また、当耐火構造を含めた枠組壁工法認定耐火構造の使用承諾を、物件ごとに2×4協会まで申請していただきます。運用規準の詳細については2×4協会のホームページをご覧ください。

【タイガーモエンEX-B2の留意事項】

■本壁構造を(一社)日本木造住宅産業協会取得の耐火大臣認定と併用して使用する際の注意
(一社)日本木造住宅産業協会(略称/木住協)では、間違いのない設計・施工を行い、適切な木造耐火建築物を建築する為に「木造軸組工法による耐火建築物設計マニュアル講習会」を開催して、利用者の受講・登録等の運用規定を定めております。必ずその運用方法に従ってください。詳細は木住協のホームページをご覧ください。
本壁構造の大臣認定書(写し)は吉野石膏(株)またはニチハ(株)までお問い合わせください。木住協では本認定書(写し)の発行はいたしませんので、ご注意ください。

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州