HOME工法紹介木造耐火構造の外壁 > 木造耐火とは

木造耐火とは

木造耐火が
注目されています
① 国産木材の利用が促されています
② 木造で耐火建築物が建てられるようになりました
③ 木造耐火建築物は年々増加
④ 強化せっこうボードの被覆で木造耐火構造が可能
木造耐火の
6つのメリット
① 狭小地に適しています
② 優れた断熱性能
③ 減価償却期間が短い
④ 木造ならコストダウンに役立ちます
⑤ CO2を削減
⑥ 選ばれる"やさしい木の家"
  木造耐火の用途と地域区分
木造耐火が注目されています
【① 国産木材の利用が促されています】
【② 木造で耐火建築物が建てられるようになりました】
平成12年 建築基準法改正により性能規定化
 耐火建築物であっても木造で建築することが可能に
平成16年 (一社)日本ツーバイフォー建築協会が耐火構造認定取得
平成18年 (一社)日本木造住宅産業協会が耐火構造認定取得
平成22年 公共建築物等木材利用促進法が施行
 低層の公共建築物については原則として全て木造化を図ることに
平成24年 当社とニチハ社共同で「タイガーモエンEX-B1」の認定を取得
平成25年 当社が「デラクリート仕上げ外壁耐火システム」の認定を取得
平成26年 木造耐火に関する初の告示(国交省告示第861号より)
 せっこうボードを用いた木造耐火構造の外壁と間仕切壁の仕様が告示化
平成27年 当社とニチハ社共同で「タイガーモエンEX-B2」の認定を取得
【③ 木造耐火建築物は年々増加】
木造耐火 大臣認定仕様の使用承諾書発行状況 (2協会累計)
(一社)日本ツーバイフォー建築協会および、(一社)日本木造住宅産業協会資料より作成。2016年3月末までのデータ
【④ 強化せっこうボードの被覆で木造耐火構造が可能】
耐火建築物は、主要構造部を耐火構造とすることで、火災終了後も建物が倒壊せず、自立し続ける性能を有することが求められます。
木造耐火建築物では、木構造部分を強化せっこうボードで被覆することで、木構造を通常火災から守ることができます。
※被覆型で木造耐火構造とする場合
木造耐火の6つのメリット
【① 狭小地に適しています】
木造耐火なら、RC造・S造などの他の工法と比べて部材が軽いため、大型クレーンなどの重機を使用せずに建設が可能。
比較的割安に取得できる旗竿敷地、狭小地に柔軟に対応できます。
【② 優れた断熱性能】
〈熱貫流率(熱の伝わりやすさ)の比較〉
【RC壁180mm+現場発泡ウレタン35mm】
熱貫流率
U=0.685[W/m2・K]
【木造枠組壁工法(告示仕様)高性能GW24k】
U=0.306(2×6のとき)
〜0.411(2×4のとき)
[W/m2・K]
外壁部分で、熱の流入・流出を
〈約40〜55%削減〉
※枠組壁工法(告示仕様)のU値は、QPEX2.0で算出。通気層から外側は計算に含まない。木部の熱橋部分の影響は算入済み。
木造耐火構造は断熱性能に優れます。
室内の温度変化が小さくなるので、冷暖房のランニングコストの節約が可能です。
【③ 減価償却期間が短い】
木造はRC造やS造よりも年間の減価償却費を多く経費計上する事が可能。
※病院を新築する場合(減価償却期間は税務署の判断により異なります)
また、税制上のメリットもあります。
【④ 木造ならコストダウンに役立ちます】
〈建築コストの比較(例)〉
(1000〜2000uの建築物)
資料:横浜市「公共建築物における木材の利用の促進に関するガイドライン」をもとに作成
コストダウンに役立つ点
  • ・木造はプレカット技術を使うことができ、工期短縮が図れます。
  • ・木造は重量が軽く、基礎・地盤工事が軽減されます。
【⑤ CO2を削減】
木材を使用することでCO2の削減につながるなど、企業にとってはCSR向上にも有効です。
また、地域産材を使用することにより産業活動の活性化が期待できます。
住宅1棟を建設する際の
構法別製造時CO2排出量(kg-CO2
※床面積約125㎡の場合
資料:建設時における木造住宅の二酸化炭素排出量(ウッドマイルズ研究会)をもとに作成
【⑥ 選ばれる"やさしい木の家"】
今後、住宅を建てたり、購入する場合の工法について、8割近くの人が木造住宅を選びたいと答えています。木材のぬくもり、リラックス効果など様々な魅力が知られています。
資料:内閣府「森林と生活に関する世論調査」をもとに作成
【木造耐火の用途と地域区分】

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州