HOME工法紹介木造耐火構造の外壁 > 選ばれやすい外壁

選ばれやすい木造耐火の外壁

「タイガーボード・タイプZ-WR」は水に強いタイプの強化せっこうボード。

WRを外側の防火被覆材に用いた木造耐火構造の外壁は、仕上げの種類の多さと施工のしやすさからどんどん増えています。
【豊富なラインナップ】
外壁 外装材
  • 窯業系サイディング
  • 軽量気泡コンクリートパネル
  • 金属板
  • しっくい
  • モルタル
モルタル
窯業系サイディング
窯業系サイディング
  • 木材
  • モルタル
木材
※木造耐火建築物とするには、外壁以外の主要構造部も耐火構造とする必要がありますのでご注意ください。
(平成29年1月時点で、外壁と間仕切壁については告示と個別認定、柱・床・梁・屋根・階段は個別認定のみ)。

特長① 雨にも強い高防水

水に強い「タイガーボード・タイプZ-WR」は、
透湿防水シートを施工するまでに、雨がかかっても
心配ありません。

「タイガーボード・タイプZ-WR」と「タイガー防水ボード」の
全吸水率の比較
  タイガーボード・
タイプZ-WR
タイガー
防水ボード
全吸水率 5%以下 10%以下
※上記性能はJIS A 6901の試験方法による測定値です。

防水性能確認試験

試験時
左:タイプZ 右:タイプZ-WR

[試験方法]

タイガーボード・タイプZ-WRとタイガーボード・タイプZ(通常の強化せっこうボード)の試験片の下端1cmをインク水に1時間浸漬させ、各々の試験片の防水性能を確認した。
試験後

[試験結果]

タイガーボード・タイプZ-WRはほとんどインク水を吸い上げてないことがわかり、このボードの高い防水性能が確認できた。

特長② 住まいを守る高耐久外壁

通気工法で建物の耐久性が向上します。

タイガーボード・タイプZ-WRは高い防水性能に加えて防カビ剤を使用することで、カビへの抵抗性もあります。
(但し、カビが全く発生しないことを保証するものではありません。)

耐久性の検証

検証結果【WRの状態】
物性・性状 JIS規格をクリア
カビの発生 なし
※原紙に退色がみられますが性能に影響はありません。
なお退色は、上張のWR施工後に、1か月間の屋外暴露試験
を実施したことによるものです。
通気工法とすることで、防水・防カビ処理したタイガーボード・タイプZ-WRは、高い耐久性を有します

特長③ 簡単施工を実現

「タイガーボード・タイプZ-WR」は、せっこうボードなので加工が容易。簡単施工でスピーディーな仕上がりとなります。

木造耐火構造の外壁の下地材はタイガーボード・タイプZ-WR
防火被覆材

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州