HOME工法紹介耐火工法 > 耐火構造(一般的耐火壁)

耐火構造(1時間耐火間仕切壁・非耐力)

一般的耐火壁
(1)スーパーウォール、ハイパーウォール
普通硬質せっこうボードを上張面材に使用することで、優れた強度を実現。学校・病院などの特に強度が必要な耐火壁に。
壁名称 1時間耐火
認定番号
壁構造(水平断面図)
スーパー
ウォールA
FP060NP-0197
ハイパー
ウォール15Z
FP060NP-0354
ハイパー
ウォールZ
FP060NP-0199
※下張りは、レンガ張り
ハイパー
ウォールZE
FP060NP-0259

(2)A21、B15、S12、S12目透かし仕様
強化せっこうボード「タイガーボード・タイプZ」を使用した耐火壁のスタンダード。防火区画に。
壁名称 1時間耐火
認定番号
壁構造(水平断面図)
A21 FP060NP-0197
B15 FP060NP-0174
S12 FP060NP-0174
S12
目透かし仕様
FP060NP-0289
※目透かし部にタイガー目地フェルト挿入(一部Uタイト処理)

(3)GR-1、GR-2
8oのタイガーグラスロックを使用した耐火壁
壁名称 1時間耐火
認定番号
壁構造(水平断面図)
GR-1 FP060NP-0221
GR-2 FP060NP-0219

(4)A60
片面施工が要求される竪穴防火区画(エレベーターシャフト、パイプスペース、階段室など)に。
壁名称 1時間耐火
認定番号
壁構造(水平断面図)
A60 FP060NP-0258
※面材同士は100mm以上目地をずらす

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州