HOME工法紹介耐火工法 > 耐火構造(Sウォール-WR)

耐火構造(Sウォール-WR)

Sウォール-WR
片面施工可能という画期的な「吉野耐火Sウォール」に建築中の水にも強いという性能が加わり、利便性が更に増しました。
【おすすめ使用場所】
  • 建築中に雨掛かりとなるエレベーターシャフトや階段室などの部位の耐火壁

【特 長】
  • 水に強い「タイガーボード・タイプZ-WR」を面材としているため、階数ごとに通常の止水対策を施すだけで雨掛かりとなる区画壁に施工できます。 >タイガーボード・タイプZ-WR
  • 「タイガーボード・タイプZ-WR」は水に濡れても乾けばそのままペイント、クロス仕上げが可能です。
  • 吉野耐火Sウォールの特長である片面施工可能であるという利便性や、さまざまな壁高さに対応可能な汎用性はそのまま有します。

<Sウォール-WR>

1時間耐火認定番号 FP060NP-0075

「タイガーボード・タイプZ-WR」とは

「タイガーボード・タイプZ-WR」は強化せっこうボード「タイガーボード・タイプZ」の優れた耐火性能を保持したまま、防水性、カビへの抵抗性を付加したボードです。

■規格、形状
・不燃 NM-1498 , JIS A 6901 強化せっこうボード[GB-F]
・寸法:厚さ21mm、幅606mm × 長さ1,820mm
■防水性
「タイガーボード・タイプZ-WR」は高い防水性能を有します。
「タイガーボード・タイプZ-WR」と「タイガー防水ボード」の全吸水率の比較
  タイガーボード・タイプZ-WR タイガー防水ボード
全吸水率 5%以下 10%以下

※上記性能はJISA 6901の試験方法による測定値です。

■カビへの抵抗性
上記のような高い防水性能に加えて防カビ剤を使用することで、カビへの抵抗性も有します。
(但し、カビが全く発生しないことを保証するものではありません。)
カビ抵抗性試験結果(2ヶ月後) カビ抵抗性試験結果(2ヶ月後)

タイプZ-WR

・カビ抵抗性試験
「タイガーボード・タイプZ-WR」のボード下部10mmを赤色に着色した水に浸け、発生するカビの発育状況を肉眼により2ヶ月間観察した。
・試験結果(2ヵ月後の状況)
  カビの発生状況
タイガーボード・タイプZ-WR カビの発生なし

※タイガーボード・タイプZ(通常仕様)ではカビが発生。

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州