HOME工法紹介遮音壁工法 > A-2000・WIシリーズ

高性能遮音壁 遮音性能TLD-56〜60
A-2000・WIシリーズ

A-2000・WI 高性能遮音壁A-2000・WIシリーズの標準タイプ(TLD-56)
A-2000・WI-S 壁を叩いたときに発生する音(振動)を低減するタイプ(TLD-57)
A-2000・WIストロング 壁の頑丈さを更に向上したタイプ(TLD-60)

数百棟を超える超高層マンションの戸境壁に採用されている高性能遮音壁

【おすすめ使用場所】

【特 長】(A-2000・WIの場合)
  • 高い遮音性能
    僅か136mmの壁厚で、厚さ260mmのコンクリート壁に匹敵する遮音性能
    ★遮音性能:TLD-56
    遮音構造認定番号:SOI−0112、品確法:1122(4等級)
  • 高い安全性
    硬質せっこうボード「タイガースーパーハード」、強化せっこうボード「タイガーボード・タイプZ」、軽量鉄骨下地「スタッド」が一体となり公的基準を上回る、優れた性能を実現。

  • 1時間耐火性能 (非耐力)
    ・建物のすべての階に戸境壁、防火区画壁として使用可能。
    耐火構造認定番号 FP060NP−0198(非耐力:建物の荷重の支持を負担しない壁)

  • 建物の軽量化に
    鉄筋コンクリートの壁に比べ軽量のため、建物全体の重量を軽くできます。したがって柱・梁などの構造断面が細くなり基礎や支持杭を軽減できる場合もあります。

【その他】
乾式戸境壁に要求される性能をすべて満足

【壁の構成図】(標準的な仕様)
A-2000・WI A-2000・WI-S A-2000・WIストロング

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州