HOME工法紹介遮音壁工法 > 目透かし可能な遮音壁

目透かし可能な遮音壁

【特 長】

強風や地震などで建築物に変形が生じた場合、内部の耐火遮音壁を仕上げた塗装やクロスがせっこうボードの継目部でひび割れする場合があります。上張面材を目透かし張りとすることで、このひび割れの発生を低減し、アフターメンテナンスを軽減します。

【用 途】
遮音性能が要求され、かつ建築物で動きが生じやすい「階段室」「ドアの上部」「T字に取り合う部分」
など
<A-2000・WI目透かし仕様>特許取得済(特許第 5660613 号)          
  • 耐火構造認定:FP060NP-0383(2)
  • 遮音構造認定:SOI-0179
  • 遮音性能:TLD-56
水平断面図
水平断面図
水平断面図
正面図
正面図
  • ○遮音性能TLD-56を確保するためには、「片面の目透かしの長さは、壁面積10.05㎡あたり5.46m以下とする」など各種の制限があります。詳細については、標準施工指導書をご参照ください。
<S12・WI 目透かし仕様>特許取得済(特許第 5660613 号)          
  • 耐火構造認定:FP060NP-0290
  • 遮音構造認定:SOI-0151
  • 遮音性能:TLD-50
水平断面図
水平断面図
水平断面図
正面図
正面図
  • ○遮音性能TLD-50を確保するためには、「片面の目透かしの長さは、壁面積10.05㎡あたり5.46m以下とする」など各種の制限があります。詳細については、標準施工指導書をご参照ください。
<A-2000・WIジョイナー目透かし工法(壁四周部のクロスのひび割れ及び遮音対策)>
特許取得済(特許第 5663119 号)
強風や地震などで建築物に変形が生じた場合、乾式戸境壁の四周部見えがかりで仕上げ材のクロスにひび割れが発生する場合があります。同工法は、このひび割れを低減し、且つ、乾式戸境壁の遮音性能の低下を抑えることができます。
「A-2000・WIジョイナー目透かし工法」の概要

○専用ジョイナー『商品名:タイガージョイナーS3』(塩ビ製)を使用します。

○上張面材(タイガースーパーハード 9.5mm厚)と構造躯体との間(正面図のA辺とB辺の2辺)に目透かし(幅10mm以下)を設けて、専用ジョイナーを挿入します。専用ジョイナーは接着剤で構造躯体と上張面材(タイガースーパーハード 9.5mm厚)に隙間が生じないように固定します。

○遮音性能:TLD-55

正面図
水平断面図(A辺)…B辺も同様の処理
専用ジョイナーの形状図
  • ※専用ジョイナーと構造躯体、専用ジョイナーと上張面材(タイガースーパーハード 9.5mm厚)の間に隙間があると表記の遮音性能は得られません。
  • ※詳細については、標準施工指導書をご覧ください。

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州