HOME製品紹介肥料(土壌改良材) > せっこうが主原料の肥料の効果

せっこうが主原料の肥料の効果

肥料の三大要素と微量要素

キャベツ

牧草

作物の成育には肥料は必要不可欠!
作物は必要な養分が不足すると生育が悪くなったり、障害が発生したりします。様々な養分の中で窒素、リン酸、カリウムは特に重要で、三大要素と言われています。
その他に、カルシウム、マグネシウム、硫黄、鉄などの養分が必要ですが、これらは少量あれば良く、微量要素と言われています。ただ、これらの要素が一つでも不足すると、他の要素が十分あっても、作物の生育に影響を与え、場合によっては収量不足となります。
カルシウムの働き
人間の骨や歯を丈夫にする成分として重要であるのと同時に作物にとっても細胞と細胞をしっかり固定する働きがあり、作物の生長を促進するのに欠かせない成分

硫黄の働き
タンパク質、アミノ酸、ビタミンなどの形質に欠かせない成分

肥料「ダーウィン」の効果
硫酸カルシウム(せっこう:CaSO4)が主原料の「ダーウィン」は、カルシウム(Ca)と硫黄(S)を含んだ効果的な肥料、カルシウム肥料です。土にまくタイプと葉面・果面に散布するタイプがあります。併用することで作物のさらなる成育が期待できます。また、肥料効果だけでなく、塩害で作物が育ちにくい土地を改良して、豊かな土壌にする効果も期待できます。(土壌改良:団粒化および除塩)

土壌検査をするとカルシウム分は十分に入っているのに、作物はカルシウム不足の傾向となったり、土壌がアルカリ性になり作物の生長が悪くなるという現象があります。


カルシウム不足のトマト

ダーウィンを施肥したトマト

  • カルシウムの効果がでない

    水溶性カルシウム不足が原因
  • アルカリ性になる

    生石灰、消石灰、炭カル、貝化石の使いすぎが原因

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州