HOME製品紹介壁材(塗り壁材) > 仕上げ材

仕上げ材

豊富なカラーバリエーション
健康・快適な住空間を提供するせっこう系塗り壁材です。


ケンコート
特許取得済(特許第4169675号)
JIS A 6904 せっこうプラスター <不燃:NM−2049>

用途

洋風、和風を問わず、一般の住居や店舗などあらゆる居室の内装仕上げ材

特長

居室の湿度をコントロールする優れた調湿性能があり、結露防止の効果もあります。更にシックハウス症候群の原因となっているホルムアルデヒド濃度を低減(吸収分解)する効果もあります。


荷姿:10kgクラフト袋

既調合タイプ 基本色

淡く上品な居室を彩るケンコートの基本色は既調合の5種類です。
更に、Y-100(ホワイト)にケンコート専用顔料を現場で調合することで26種類の色が選べます。

●Y-100
ホワイト(白)
●Y-200
クリーム(淡黄)
●Y-300
ライトブラウン(黄じゅらく)
●Y-400(受注生産品)
ライトグリーン(若草)
●Y-500(受注生産品)
ライトピンク(さくら)

現場調合 ケンコート専用顔料

■ケンコートの専用顔料について
  • ○ケンコート専用顔料は、エコ対応を考慮した150g「袋」入りです。
  • ○専用顔料は、淡いパステル系のクリーム・ブラウン・グリーン・ピンク・ブルー・グレーの全6種類。2種類の専用顔料を組み合わせることで全26種類の色が選べます。
  • ○「シックハウス症候群」の原因となる有害物質を含んでおりません。
左 : ケース(4袋入り)
右 : 袋(150g入り)

パターン見本

●スタッコ
ある程度平滑にします。コテを垂直に押しあててから手前に引き波頭を起こします。表面がしまり始めたら、コテやローラーに水を含ませたもので波頭を押さえてヘッドカット仕上げをします。
●刷毛引き
3〜5mm厚に塗付けた後、大きな鏝波を消し、ある程度平滑にします。しまり加減をみながら刷毛引きして模様付けをします。
●コテ塗放し
3〜5mm厚に塗付け、軽く平滑にした後、追いかけて直ちに鏝波を付け、コテ跡(波)は消さずに残して模様とします。
●コテ引きずり
3〜5mm厚に塗付けた後、ある程度平滑にします。コテの後方を浮かせ気味にして、先端のみで模様付けします。
●スパニッシュ
3〜5mm厚に塗付け、ある程度平滑にします。追いかけて直ちにコテのエッジで縦、横、斜めに押さえながら模様付けをします。

ケンコートは、(一財)日本建築センターの建設技術審査証明事業にて、その内容が審査され、新技術として認められました。

技術名称:
室内空気中の揮発性有機化合物低減技術(建材)
「タイガーケンコート」

審査証明番号:BCJ- 審査証明-212

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州