HOME製品紹介 > 吸収分解性能

吸収分解性能

ホルムアルデヒドを吸収分解するハイクリンボード
―ホルムアルデヒド低減性能試験―
試験1
【試験方法】
  • 性能比較のため、タイガーハイクリンボード9.5mm厚とタイガーボード9.5mm厚(せっこうボード)を使用。
  • 6畳のモデルルーム※1内にホルムアルデヒドを強制的に発生させ、初期濃度を5ppm※2に設定。
  • 室内のホルムアルデヒド濃度をガス検知管により継続測定。
※1:6畳の空間、温度25℃、湿度70%、密封状態。
※2:ホルムアルデヒド濃度を5ppm=目・鼻・のどに強い刺激。短時間耐えられる限度。
    (通常の生活環境ではこれほど高濃度になることはありません。)

【試験結果】
ハイクリンボードを使用した場合、試験開始6時間後には気中濃度0.05ppmの値で厚生労働省指針値0.08ppm以下の濃度となり、ホルムアルデヒドが低減されたことを示しています。

試験2
【試験方法】
  • 6畳の洋室に合板を設置し、ホルムアルデヒド濃度を約0.2ppmに維持しました。
  • そこにハイクリンボードを搬入し、ホルムアルデヒドの濃度を継続測定しました。

【試験結果】
ハイクリンボード搬入後、約4時間後には厚生労働省指針値0.08ppm以下まで低下し、そのまま低濃度を保ちました。

製品・工法に関するよくあるご質問

その他、製品・工法について 吉野石膏 DDセンター 03-3284-1181

カタログ請求はこちら

※お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

テレビCM

吉野石膏の展示・研修施設 虎ノ門ビル 仙台 神戸 三河(豊橋) 北九州