HOME工法紹介 > 目地処理工法(ドライウォール工法) > べベルボードの目地処理

べベルボードの目地処理方法

タイガーGファイバーテープを使用した目地処理方法

施工手順
タイガーGファイバーテープ(粘着剤付き)をボードに直接貼り付けます。テープは継目部の中央に、よじれないように貼ってください。
(タイガーGファイバーテープを貼り付ける前にべベル目地やカット目地を下塗りパテで前処理する場合もあります)
※カット目地がある場合、スーパータックR希釈液(水:スーパータックR =2:1)を塗布します。カット目地(せっこう部分)への吸水を抑え、ヒビ割れを防ぎ、ヤセも少なくなります。


下塗りパテを200〜250mmの幅で塗ります。
<推奨のパテ>


下塗りパテが硬化・乾燥後、必要に応じサンディングし、400〜500mmの幅で上塗をします。パテの硬化・乾燥後、必要であれば更にパテを塗り付け平滑にします。
<推奨のパテ>


上塗りパテの硬化・乾燥後、サンディング仕上げをして、平滑にします。
※各サンディング工程時の後は表面に付着した粉はよく拭き取ってください。クロスやペイントの接着不良の原因となります。
Television commercials

Yoshino Gypsum Exhibition and Training Facilities Sendai Sendai Kobe Mikawa (Toyohashi) Kitakyushu