吉野石膏オフィシャルサイト


  • HOME
  • レギュラータイプ
  • 化粧板タイプ
  • +調湿機能タイプ
  • ハイクリン性能強化タイプ
  • 「優れた基本性能」編
  • 「どうしてハイクリンボードが必要なの?」編
  • タイガーハイクリンボードシリーズ よくある質問 Q&A

HOME  >  タイガーハイクリンボードシリーズ 【ハイクリン性能強化タイプ】

ハイクリン性能強化タイプ

タイガーハイクリンボードAce(エース)

アセトアルデヒド濃度の低減に効果を発揮します。

特長

  • ・ハイクリンボード(レギュラータイプ)の性能を強化したタイプです。
  • ・ハイクリン性能を高めたことで、アセトアルデヒドの吸収分解性能に優れます。

規格

レギュラータイプと仕上げが不要な化粧加工済みのアートタイプがございます。

タイプ 防火材料認定番号 物性 厚さ サイズ
レギュラー 不 燃:NM-8619 JIS A 6901
(GB-R)
12.5mm
910 × 1,820mm
910 ×2,420mm
準不燃:QM-9828 9.5mm
アート
(桐・布目・
シナ・涼)
不 燃:NM-0128 JIS A 6901
(GB-D)
12.5mm
準不燃:QM-9824 9.5mm
  • ハイクリンボードAce(エース)

アセトアルデヒド吸収分解イメージ

ハイクリン性能を大幅にアップさせたことで、レギュラータイプでは難しかった高濃度のアセトアルデヒドを吸収分解することが可能です。(ホルムアルデヒドの吸収分解性能も同様に大幅に向上しています。)

アセトアルデヒド低減性能

モデルルーム内にアセトアルデヒドを強制的に発生させ、初期濃度を5ppmに設定。室内のアセトアルデヒド濃度をガス分析器により継続測定。
※アセトアルデヒド濃度(5ppm)は、通常の生活環境ではこれほど高濃度になることはありません。

アセトアルデヒド(acetaldehyde)
木質建材から発散し、ホルムアルデヒドと同様に人体に影響を与えます。無色で強い刺激臭があり、常温では気体として存在しています。発生源がある場合に、その濃度を低減させるのは難しく、その対策の必要性が叫ばれています。
厚生労働省の室内濃度の指針値は0.03ppm(48μg/m3)以下。
ページTOPへ