吉野石膏オフィシャルサイト


  • HOME
  • レギュラータイプ
  • 化粧板タイプ
  • +調湿機能タイプ
  • ハイクリン性能強化タイプ
  • 「優れた基本性能」編
  • 「どうしてハイクリンボードが必要なの?」編
  • タイガーハイクリンボードシリーズ よくある質問 Q&A

HOME  >  タイガーハイクリンボードシリーズ【レギュラータイプ】

レギュラータイプ

タイガーハイクリンボード

住宅をはじめ、多くの建物で使われる内装下地材タイガーボードにハイクリン性能(ホルムアルデヒド吸収分解性能)を付加した製品です。

<多くの採用実績>

特長

  • ・有害物質ホルムアルデヒドを短時間で吸収分解し、再放出させません。
  • ・エアコンや空気清浄機などと違い、ランニングコストがかからず、お部屋の空気環境をきれいに保ちます。
  • ・タイガーボード(通常のせっこうボード)同様、不燃性や施工性などの優れた性能を持ちます。

規格

防火材料認定番号 物性 厚さ サイズ
不 燃:NM-8619 JIS A 6901
(GB-R)
12.5mm
910 × 1,820mm
910 × 2,420mm
準不燃:QM-9828 9.5mm
  • ハイクリンボード
  • ボードの施工

効果

ハイクリンボードを施工することで、ホルムアルデヒドがたまりやすい壁・天井の裏側からの透過を抑止し、また、室内の様々な発生源から放散するホルムアルデヒドを吸収分解できます。

ホルムアルデヒド吸収分解メカニズム

ホルムアルデヒドはハイクリンボードに吸収されると、ボード内に含まれる特殊な化学物質により分解され、無害な物質と水(H2O) になります。〔特許第4213365号〕
※ごく微量ですので、ボードの性能には影響しません

ページTOPへ