吉野石膏株式会社


地球温暖化の対策

HOME  ⁄  社会貢献  ⁄  地球温暖化の対策

自然エネルギーの使用拡大

当社では、2012年より工場、配送センター、社宅などの屋根上や工場用地を利用し太陽光パネルの設置を進め、太陽光パネルで発電した再生可能エネルギーを活用することで、一般家庭約4000世帯分の年間消費に相当するグリーンなエネルギーの供給と約9350トンのCO2削減効果で気候変動対策に取り組んでいます。

ソーラーパーク吉野千葉第三工場発電所 ソーラーパーク吉野千葉第三工場発電所
ソーラーパーク吉野相馬発電所 ソーラーパーク吉野相馬発電所

温室効果ガス排出削減への取り組み

地球温暖化防止への対策として、温室効果ガス排出量削減に取り組んでいます。再生可能エネルギーの比率を上げることは、環境と経済の両立を図りつつ、発展していくための必要な取組みです。木質バイオマスボイラーが排出するCO2は、木が成長する過程で大気から吸収したものであるため、大気中のCO2量は実質増加に繋がらないという考え方の「カーボンニュートラル」特性を活かしています。
当社では、4工場に木質バイオマスボイラーを導入し、製造に必要なプロセス蒸気と電気を作り出し、グリーンなエネルギーでCO2の削減・気候変動対策に取り組んでいます。
また、燃料の一部にRPFやタイヤチップ等も使用することで、地球温暖化の原因である化石エネルギーからの転換を推進していきます。

三河工場 三河工場
高砂製紙株式会社 高砂製紙株式会社
木質チップ(木屑) 木質チップ(木屑)
タイヤチップ タイヤチップ