吉野石膏株式会社


SDGsへの取り組み

HOME  ⁄  社会貢献  ⁄  SDGsへの取り組み

持続可能な社会の実現へ

SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発」のため、2030年までに社会課題を解決すべく17のゴール・169のターゲットから構成された国際目標です。

吉野石膏では、グループ全体の企業活動を通じてSDGsの目標達成と持続可能な社会の実現に向けた取り組みを進めています。

SDGs
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18

地球環境と調和する製品づくり

地球環境保全に配慮した原料(主に副産せっこうや回収された古新聞、雑誌、段ボール)を使用し、さらにリサイクルせっこうの回収を積極的に実施し、「大気汚染の防止」「森林資源の保護」「廃棄物の削減」に貢献しています。

  • 11
  • 12
  • 13
  • 15

「吉野石膏の森」活動

CO2の削減、地球温暖化防止と山林の保護育成を目的として「吉野石膏の森」づくりの活動に賛同し、支援しております。

  • 11
  • 12
  • 13
  • 15

リサイクルせっこうの使用推進

リサイクルせっこうの有効利用を進めることにより、海外依存度の高い天然せっこうの採掘量を低減し、海上輸送及び陸上輸送のエネルギーを節減することで、原料及びエネルギーの両面での環境負荷を軽減しています。

  • 7
  • 11
  • 12
  • 13

自然エネルギーの使用拡大

工場、配送センター、社宅などの屋根上や工場用地を利用し、太陽光発電を行い、一般家庭約4000世帯分の年間消費に相当するグリーンなエネルギーの供給と約9350トンのCO2削減効果で気候変動対策に取り組んでいます。

  • 7
  • 12
  • 13

温室効果ガス排出削減の取り組み

4工場に木質バイオマスボイラーを導入し、製造に必要なプロセス蒸気と電気を作り出し、グリーンなエネルギーでCO2の削減・気候変動対策に取り組んでいます。
また、燃料の一部にRPFやタイヤチップ等も使用することで、地球温暖化の原因である化石エネルギーからの転換を推進していきます。

  • 7
  • 12
  • 13
  • 15

FSC®森林認証(COC認証)取得

森林の環境保全や地域社会に配慮した合法な原材料の調達、持続可能な森林資源の使用推進に取り組んでいます。

  • 13
  • 15

環境情報レポート(エコリーフ)の全15工場登録

信頼性・透明性を確保した算定方法に基づき、せっこうボード製品のライフサイクル全体にわたる定量的環境情報を見える化し、さらなる削減行動に取り組み、社会的責任を果たします。
(2021年7月までに15工場登録完了予定)

  • 7
  • 12
  • 13

新興国・開発途上国の雇用と産業振興に貢献

東南アジアに事業展開することで、地域の雇用と産業振興に貢献し、現地従業員の人材育成を通して地球環境と調和した製品を生産・販売しています。

  • 1
  • 4
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

文化・芸術振興支援(1)

近代フランス絵画と日本画・洋画を中心とした吉野石膏コレクションを展示して、社会一般に芸術の理解を進めるとともに、すべての方へ芸術に親しむ機会を提供しています。

  • 4
  • 11

文化・芸術振興支援(2)

若手芸術家養成のために、質の高い教育を受けることができるよう支援することで、若手芸術家の育成を行っています。

  • 4