会社概要

HOME  ⁄  企業

会社概要

商号
吉野石膏株式会社(Yoshino Gypsum Co.,Ltd.)
設立
昭和12年3月2日(創業 明治34年)
本社
〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-3-1(新東京ビル)
TEL  03(3216)0951(代)  FAX 03(3214)5094
主な事業内容
  • せっこう(石膏)を原料とする建築材料の製造・販売など
  • タイガーボード(せっこうボード)
  • YNプラスター(せっこうプラスター)
  • タイガーパテ(ドライウォール工法用パテ類)
  • SLプラスター(セルフレベリング床流し材)
  • GLボンド(せっこうボードによる直張工法用接着材)
  • 焼石膏他
主な営業拠点
  • 札幌支店
  • 仙台支店
  • 新潟支店
  • 北陸支店
  • 北関東支店
  • 東京支店
  • 横浜支店
  • 名古屋支店
  • 大阪支店
  • 広島支店
  • 福岡支店
主な生産拠点
  • 東京工場
  • 草加工場
  • 千葉第一工場
  • 千葉第二工場
  • 千葉第三工場
  • 三河工場
  • 今治工場
  • 北九州工場
研究開発拠点
  • 技術研究所
  • 総合性能試験センター
  • エンジニアリング部
展示研修施設
  • 虎ノ門ビル(東京都港区)
  • 仙台研修センター(宮城県仙台市)
  • 神戸研修センター(兵庫県神戸市)
  • 三河研修センター(愛知県豊橋市)
  • 北九州研修センター(福岡県北九州市)
関連企業等
  • 旭ファイバーグラス(株)
  • エヌビーエル(株)
  • タイガレックス(株)
  • 日本ソーラトン(株)
  • 吉野石膏販売(株)
  • 高砂製紙(株)

生産推移

せっこうボードの国内生産推移(単位:億m²)

  • 平成24年
    4.92
  • 平成25年
    5.15
  • 平成26年
    5.28
  • 平成27年
    5.03
  • 平成28年
    4.99
  • 平成29年
    5.12
  • 平成30年
    4.99

(石膏ボード工業会統計)

市場占有率

タイガーボードの市場占有率は約80%

タイガーボードはその大半が壁・天井として使われ、住宅用が75%、ビル用が20%、工業用が5%となっています。年間使用量は国民1人あたり3m²を上回ります。

市場占有率約80%

理念

地球環境と調和する生産
吉野石膏では、いちはやく「地球環境の保護」の問題と取り組み、副生せっこうの有効利用や古紙再生によるボード用原紙の生産、廃せっこうボードの再原料化など各種技術を確立しています。限りある資源を大切に、地球環境と調和する生産を目指しています。
豊かな生活価値を創出する商品
“安全(防火・耐火)”で“快適(遮音・断熱・清浄な空気)”を創出する商品を提供することを企業活動の目的としています。建材以外でも歯科用せっこう、土壌改良剤など、さまざまな商品を提供しています。
活力ある人材を誇りとする企業
吉野石膏は、お客さまに支えられて、創業百余年の歴史を持つせっこう建材業界のリーディングカンパニーに成長することができました。これからも“誠実さと挑戦心”を持ち、質の高い仕事を追求していきます。