吉野石膏株式会社


HOME / 工法 / リフォーム工法/ふかし壁

リフォーム工法

ふかし壁
  • 非木造
  • 遮音
  • 内壁

既存壁の遮音性能を要求性能に合ったレベルまで改善させるためのリフォ-ム工法です。

参考画像


【特長】
既存壁を壊さず遮音性能を改善
既存壁に新たに軽量鉄骨下地を組み、重いせっこうボ-ドを張付けるだけの簡単な工法
わずかなふかし厚(最小65mm)で施工(リフォ-ム)完了

リフォーム工法:ふかし壁|透視図
公的認定等に関する表記
  • 遮音性能の改善量(既存壁)
    厚さ120mmのコンクリート壁の場合
    15〜18db遮音性能改善

GL4ヶ条

GLボンドの接着力を確保するために以下の「GL4ヶ条」を遵守してください。
(GL工法に必須の4ヶ条を1つでも省いた場合、剥離現象につながります)
  1. 【第1条】下地には必ずプライマーを塗布する

    プライマー(3倍液)を塗布することでGLボンドが下地に密着し、充分な接着力が得られます。

    ※プライマー・・・スーパータックRもしくはスーパータックA
    GL4ヶ条参考画像
  2. 【第2条】下こすり、コテ圧は充分に!

    プライマー(3倍液)を塗布することでGLボンドが下地に密着し、充分な接着力が得られます。

    GL4ヶ条参考画像
  3. 【第3条】ダンゴサイズ(塗布量)は充分に!

    1回に塗り付けるボリュームを減らすと、接着力を発揮する有効面積が少なくなり、剥離現象につながり危険です。

    GL4ヶ条参考画像
  4. 【第4条】塗り付けピッチを守る

    タイガーボード(910×1820㎜)に43個以上のGLボンドのダンゴが付きます。塗り付けピッチを広げると、接着面積が少なくなり、接着力が確保できず、剥離することがあります。

    GL4ヶ条参考画像
  • 既存壁とふかし壁を音響的に絶縁する必要があります。
  • ふかし壁の空気層は40mm以下にしないで下さい。空気バネによって音響的に性能がダウンする恐れがあります。
  • 遮音性能を改善するための注意事項があります。詳しくは「吉野リフォームシステム」カタログをご覧ください。