吉野石膏株式会社


HOME / 工法 / 2時間耐火被覆工法/H型鋼

2時間耐火被覆工法

H型鋼
  • 非木造
  • 耐火

強化せっこうボード「タイガーボード・タイプZ」による 「耐火性」「寸法安定性」「施工性」を生かした鉄骨柱耐火被覆工法。
鉄骨構造の建物(オフィスビル、ホテル、集合住宅、大小店舗、工場、倉庫など)の柱部の利用におすすめします。

参考画像


【特長】
鋼製下地に強化せっこうボード「タイガーボード・タイプZ」をビス留めするシンプルな構造
柱の被覆と壁の内装工事が同一業者により可能です。乾式工法のため品質が安定し、現場を汚さず工期が早くなります。
塗装、クロス仕上げが可能で、トータルコスト削減につながります。
遮音壁と取合う場合、遮音の低下を最小限に抑えることが可能です。

ZC-2/独立柱

2時間耐火被覆工法:H型鋼:ZC-2:独立柱|施工説明図
認定番号
公的認定等に関する表記
  • 耐火性能
    2時間耐火
  • 使用面材
    タイガーボード・タイプZ
    【A】上張り厚さ21mm、下張り厚さ21mm
    【B】上張り厚さ15mmまたは21mm、下張り厚さ21mm

GL4ヶ条

GLボンドの接着力を確保するために以下の「GL4ヶ条」を遵守してください。
(GL工法に必須の4ヶ条を1つでも省いた場合、剥離現象につながります)
  1. 【第1条】下地には必ずプライマーを塗布する

    プライマー(3倍液)を塗布することでGLボンドが下地に密着し、充分な接着力が得られます。

    ※プライマー・・・スーパータックRもしくはスーパータックA
    GL4ヶ条参考画像
  2. 【第2条】下こすり、コテ圧は充分に!

    プライマー(3倍液)を塗布することでGLボンドが下地に密着し、充分な接着力が得られます。

    GL4ヶ条参考画像
  3. 【第3条】ダンゴサイズ(塗布量)は充分に!

    1回に塗り付けるボリュームを減らすと、接着力を発揮する有効面積が少なくなり、剥離現象につながり危険です。

    GL4ヶ条参考画像
  4. 【第4条】塗り付けピッチを守る

    タイガーボード(910×1820㎜)に43個以上のGLボンドのダンゴが付きます。塗り付けピッチを広げると、接着面積が少なくなり、接着力が確保できず、剥離することがあります。

    GL4ヶ条参考画像

ZC-2/合成柱

2時間耐火被覆工法:H型鋼:ZC-2:独立柱|施工説明図
認定番号
公的認定等に関する表記
  • 耐火性能
    2時間耐火
  • 使用面材
    タイガーボード・タイプZ
    上張り厚さ15mm or 21mm、下張り厚さ21mm

GL4ヶ条

GLボンドの接着力を確保するために以下の「GL4ヶ条」を遵守してください。
(GL工法に必須の4ヶ条を1つでも省いた場合、剥離現象につながります)
  1. 【第1条】下地には必ずプライマーを塗布する

    プライマー(3倍液)を塗布することでGLボンドが下地に密着し、充分な接着力が得られます。

    ※プライマー・・・スーパータックRもしくはスーパータックA
    GL4ヶ条参考画像
  2. 【第2条】下こすり、コテ圧は充分に!

    プライマー(3倍液)を塗布することでGLボンドが下地に密着し、充分な接着力が得られます。

    GL4ヶ条参考画像
  3. 【第3条】ダンゴサイズ(塗布量)は充分に!

    1回に塗り付けるボリュームを減らすと、接着力を発揮する有効面積が少なくなり、剥離現象につながり危険です。

    GL4ヶ条参考画像
  4. 【第4条】塗り付けピッチを守る

    タイガーボード(910×1820㎜)に43個以上のGLボンドのダンゴが付きます。塗り付けピッチを広げると、接着面積が少なくなり、接着力が確保できず、剥離することがあります。

    GL4ヶ条参考画像