目地部の強度特性

HOME  ⁄  工法  ⁄  目地処理工法(ドライウォール工法)  ⁄  目地部の強度特性

目地 補強テープ 下塗りパテ 上塗りパテ せん断強度(N/cm)
テーパー目地
テーパー目地
なし タイガージョイント
セメント
タイガージョイント
セメント
19
タイガーGファイバーテープ 69
タイガージョイントテープ 100
べベル目地
べベル目地
なし タイガーGLパテ
(タイガーUライト)
タイガーFトップパテ
(タイガーFライト)
28
寒冷紗テープ
(木綿製)
48
タイガーGファイバーテープ 60
カット目地(処理なし)
カット目地(処理なし)
なし タイガーGLパテ
(タイガーUライト)
タイガーFトップパテ
(タイガーFライト)
8
タイガーGファイバーテープ 30
カット目地(スーパータックR3倍液処理)
カット目地(スーパータックR3倍液処理)
タイガーGファイバーテープ 60

※Gファイバーテープの幅は50㎜です。

(測定:吉野石膏技術研究所)

目地部・出隅・入隅部のクラック防止には必ず補強材(タイガージョイントテープ、タイガーGファイバーテープ、タイガーコーナーテープ、タイガーコーナービードなど)を伏せ込んでください。補強テープを使用しなかったり、強度の弱い寒冷紗などを使用した場合は、目地部にクラック、よじれ、浮きなどの不具合が生じます。