FAQFrequently Asked Questions

技術・開発編

  1. Q1開発提案から開発、製品にいたるまでに要する期間は平均どのくらいですか?

    開発する製品によってさまざまですが、およそ2~3年です。プロジェクトストーリーに掲載しました吸音化粧天井板「スクエアトーン」は2003年に企画され2004年12月に販売開始となりました。

  2. Q2リサイクルされたせっこうボードと通常のせっこうボードとの性能的な違いはありますか?

    現在のところ「再生せっこうボード」という分類はありませんが、リサイクルされた石膏を一部使用したせっこうボードも、従来のせっこうボードと全く同じ性能で、JISやその他の規格をすべてクリアしています。

  3. Q3せっこうボードを製造する上で、技術的に一番難しい点は何ですか?

    石膏は硫酸カルシウムという単純な無機化合物ですが、焼成すると「焼石膏」になり、これに水を加えると固まるという非常に面白い性質を持っています。この性質を利用してせっこうボードを製造しているわけですが、技術的には個々に難しい点がたくさんあります。総合的には、いかに製造コストを下げて品質の良いものを作るかが技術的な課題といえるでしょう。

    • 製品の基礎となる石膏
  4. Q4大学や官公庁、外部の研究機関などとの共同開発は行っていますか?

    東京大学との共同研究の他、官公庁が主催または参加している研究会などにも積極的に参加して共同研究を行っています。

目次ページへ戻る

ENTRYエントリー受付中

「エントリー」または「説明会予約」はこちらから受け付けています。

エントリーページへ